ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

歯学部(口腔生命福祉学科)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
口腔生命福祉学科 4年 学士(口腔保健福祉学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

口腔保健福祉学教育プログラムは4年制で,学期を学習の大きな基本単位としてとらえ,それぞれの学期で中心となる学習内容を設定している。それぞれの学期における学習内容は,現代の社会状況を背景として選択され,単純なものから複雑なもの,あるいは口腔から個人,個人をとりまく社会に関するものと配置されている。授業科目は基本的にすべて必修で,「教養」「語学」「学習法・研究法」「口腔保健学」「福祉学」「問題解決」「保健福祉医療人」「統合的学習」「国際人」の9つの科目群から構成される。なお,学生の興味・関心にあわせ,「国際人」には短期海外派遣科目が選択科目として設定されている。
第1学年は「大学学習法と人としての成長」,第2学年前期は「口腔の重要性理解と歯科医療従事者としての自覚」,同後期は「軽度な歯科疾患の診査・処置・予防」,第3学年前期は「進行した歯科疾患の診査・処置・予防ならびに社会福祉と社会保障の理解」,同後期は「高齢者・障害者の理解と対応」,第4学年は「個人および社会の視点からみたオーラルヘルスプロモーションの実践」となっている。初年次には,大学学習法により学習態度の転換を図り,本プログラムを履修していくうえで必須な問題解決能力,論理的思考力,表現力を育成し,パフォーマンス評価により学習成果を評価する。また,一般教育科目を通じて,多様なものの見方にふれさせ,さまざまな文化や価値を受容し,個性を尊重する態度を涵養する。第2学年からはPBLを全面的に導入し,統合された知識を習得させるとともに,問題解決能力,対人関係能力を向上させる。また,早期から継続して実際の患者に接する機会を設け,歯科医療従事者としての自覚と態度を涵養する。第3学年から福祉に関する学習が本格的に開始され,第2学年に引き続きPBLにより,口腔保健学にとどまらず,口腔保健学と福祉学の知識を統合させる。また,歯科医療に関する実習を通して,歯科医療従事者としての基本的な技能を身につけさせる。第4学年の臨床実習ならびに社会福祉現場実習に臨むにあたり,口腔保健学と福祉学の知識の統合ならびに問題解決能力を評価するために,口腔保健・歯科医療・福祉総合課題によるパフォーマンス評価を実施する。第4学年には,臨床実習ならびに社会福祉現場実習を実施し,ポートフォリオならびにパフォーマンス評価により評価する。また,両実習を通じて自ら見いだした課題に対する研究レポートを作成させ評価する。
本プログラムでもっとも重視する学習成果である口腔保健・歯科医療・福祉を総合的に思考・展開できる能力とは,歯科と福祉それぞれの領域における知識・スキルを有し,それらを統合して「食べる」ことに関する問題を解決に導く力といえる。低学年から高学年に向けて,問題解決能力を専門性・総合性・真正性を高めて育成し,その学習成果をプログラムの教育目標に直結する重要科目で直接評価して卒業生の質を担保する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

食べることは生きるための基本であり、要介護者や障がい者の方にとっても「おいしく食べる」ことは最も重要な生きがいです。しかし、単純に見える「おいしく食べること」ひとつとっても、食べるために歯や入れ歯の治療をする人、全身の病気・障害の治療やリハビリテーションを行う人、食事介助をはじめとした介護、日常生活の支援をする人など様々な保健・医療・福祉関係者の十分な連携がなくてはその実現は困難です。

そこで、口腔生命福祉学科では、歯科衛生士と社会福祉士という2つの資格を取得することにより、口腔や食べること(摂食嚥下)についての高度な専門知識をもったうえで、保健・医療・福祉を総合的に思考・マネジメントできる専門家を養成し、「おいしく安全に食べる」ために必要となる保健・医療・福祉サービスを総合的に受けられる社会を創ることを目指しています。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

変化の激しい現代社会のなかで,国民の多様な価値観を受け入れ,質の高い保健医療福祉サービスを提供するために,新たな諸課題に関係者と適切に連携しながら問題解決を図っていく能力を備え,口腔保健・歯科医療・福祉を総合的に思考・展開できる能力を有する人材を育成する。
口腔生命福祉学科に修業年限以上在学し,本人材育成目標にそって設定した授業科目を履修して,基準となる単位数を修得し,下記の学習成果を有する者に,学士(口腔保健福祉学)の学位を授与する。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

検定料30,000円
入学料282,000円

専攻分野

専攻分野
歯科技工・歯科衛生
介護・福祉

専攻分野に関する説明