ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  数物科学科 4年 学士(理工学)
                  物質創成化学科 4年 学士(理工学)
                  地球環境防災学科 4年 学士(理工学)
                  電子情報工学科 学士(理工学)
                  機械科学科 4年 学士(理工学)
                  自然エネルギー学科 4年 学士(理工学)
                  数理科学科 4年 学士(理工学)
                  物理科学科 4年 学士(理工学)
                  地球環境学科 4年 学士(理工学)
                  電子情報工学科 4年 学士(理工学)
                  知能機械工学科 4年 学士(理工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  変化する現代社会に対応できる幅広い視野と科学・技術の発展に貢献できる力を養う教育カリキュラムを提供するという観点から,教養教育と専門教育のカリキュラム・ポリシーをつぎのように定めます。

                  1) 教養教育について
                  ・ 幅広い教養と外国語の運用能力を身につけ,変化の激しい現代社会の情勢や地域の課題を的確に見極める力を養います。
                  ・ 基礎ゼミナール等の実践的学習をとおして国際社会や地域社会の多様性を認識するとともに,人間や社会に共通する課題を発見・解決する力を養います。

                  2)専門教育について
                  ・ 自然科学を礎として,理工学の諸分野の専門知識・技能を獲得するとともに,自然科学への洞察を深化させ探究心を身につけることで,変化の激しい科学・技術や社会の問題を分析し,課題を見通す力を養います。
                  ・ 科学・技術の課題に挑戦し発信する力,国際社会や地域社会が直面する科学・技術の課題の解決に役立つ応用力・実践力を,演習・実験や卒業研究をとおして養います。
                  ・ 自己管理力,協調性,コミュニケーション能力を養い,社会の一員としての自覚を培うとともに,専門家としての見識と職業倫理を養います。
                  ・ 探究心を身につけ,人類の福祉に貢献するために,常に学びつづける力を養います。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  カリキュラム・ポリシーに基づいて編成された教育課程にそって理工学の諸分野における専門知識・技能等を習得し,高い倫理観をもって知的探求に取り組み,科学・技術,世界と地域の発展のために活用できる力を身につけた人に対して,学士(理工学)の学位を授与します。
                  具体的には,つぎの目標に達していることが学位取得の要件です。

                  ・ 教養教育と専門教育をとおして培った幅広い見識と高度な知識・技能等をもとに,自科学の本質を深く理解し,理工学と社会の動向を見通す力を身につけていること
                  ・ 習得した専門知識・技能等を実践の場に活かすことによって,現代社会が直面するさまざまな課題を解決していく力を身につけていること
                  ・ 自然科学と理工学に対する深い認識と探究心をもって,生涯にわたって自らを成長させていくための力を身につけていること

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料 30,000円
                  入学料 282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野