ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部看護学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   医学部では,生命の尊厳を理解し,医療人として不可欠な深い倫理観と温かい人間性を備え,専門的知識及び技能を生涯にわたって維持し向上させる自己学習の習慣を持ち,国際的視野に立って医学,医療の発展,及び地域医療等の社会的ニーズに対応できる人材を養成することを目的とする。
                   医学科では,日々進歩する医学の知識,技術を身につけ,医師・医学者として,豊かな人間性を備えた医療の実践及び医学の発展に取り組むことのできる人材を養成することを目的とする。
                   看護学科では,全人的な看護の役割と責務を認識し,看護師,保健師及び助産師としての専門的な対応ができる人材を養成することを目的とする。

                  (富山大学医学部規程 第1条の2(人材養成等の目的))

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  【入学者受入れ方針】
                   看護は人間の健康全般に関わる領域であり,病める人々のみでなく,その家族及び地域で生活する多くの人々から,深い信頼と多くの期待が寄せられる。これに応えるためには,学生時代から,人間性の涵養とともによく学ぶ習慣を身に付けることが必要である。このことから看護学科では,以下の素質を有する優秀な人材を求める。
                   ・基礎学力があり看護学に深い関心を持つ人
                   ・自ら学ぶことをめざせる人
                   ・人間に強い関心を持ち,人々の安寧のために働くことを希望する人
                   ・他者との連携を保てる人

                   【入学者選抜の基本方針(入試種別とその評価方法)】
                  ○一般入試(前期日程)
                   大学入試センター試験では,高等学校等での学習の達成度を評価する。
                   個別学力検査では,「外国語」及び「小論文」を実施し,基礎学力,理解力,論理的思考力及び文章表現力等を評価する。

                  ○一般入試(後期日程)
                   大学入試センター試験では,高等学校等での学習の達成度を評価する。
                   個別学力検査では,「小論文」及び「面接」を実施し,基礎学力,論理的思考力,文章表現力,協調性,積極性及び将来性等を評価する。

                  ○特別入試(推薦入試)
                   大学入試センター試験では,高等学校等での学習の達成度を評価する。
                   「書類審査」,「小論文」及び「面接」を実施し,学習到達度,思考力,表現力,学習意欲等を評価する。

                  ○特別入試(帰国生徒入試,社会人入試)
                   「書類審査」,「小論文」及び「面接」を実施し,学習到達度,思考力,表現力,学習意欲等を評価する。

                  ○私費外国人留学生入試
                   日本留学試験では,日本語力,理科及び数学の基礎的学力を評価する。
                   「外国語」,「小論文」及び「面接」を実施し,理解力,論理的思考力,文章表現力,協調性,積極性及び将来性等を評価する。

                   【入学前に学習すべきこと】
                   看護学科では,理科系に加え文化系の総合的な学力が求められ,以下の内容が必要である。
                    ・基礎学力の充実(人間の構造や機能を理解するために,理科や数学的考え方が基礎となり,人間の社会や関係を理解するために国語や社会の知識が必要)
                    ・自己学修の習慣(自ら課題を見つけ,調べ,考える習慣が必要)
                    ・看護学(国際的視野を含む)への関心
                    ・他者との相互理解のためのコミュニケーション力

                   詳細についてはリンク(URL)をご参照ください。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【教育課程編成方針】
                   看護学科では,卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる5つの能力を学修するため,教養教育科目及び専門教育科目を体系的に編成する。

                  【教育課程実施方針】
                   ・4年間の学修を通じて,看護学の体系的なカリキュラムを実施する。
                   ・1年次においては,教養教育科目を基盤とした学修を主に,看護基礎科学・基礎看護学の学修を段階的に実施する。
                   ・2年次においては,看護基礎科学・基礎看護学を中心に,各専門領域の看護学の学修を段階的に実施する。
                   ・3年次においては,各専門領域の看護学の学修を基盤に,看護専門科目を,段階的・統合的に実施する。
                   ・4年次においては,自律した専門職業人を目指し,看護学の統合・発展・探究の学修を段階的に実施する。

                   詳細についてはリンク(URL)をご参照ください。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【卒業認定・学位授与方針】
                   看護学科では, 体系的なカリキュラムを履修することで,十分な学修成果を上げ,以下に示す「幅広い知識」,「専門的学識」,「問題発見・解決力」,「社会貢献力」,「コミュニケーション能力」を身に付けた者に,学士(看護学)の学位を授与する。

                   詳細についてはリンク(URL)をご参照ください。