ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  歯学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   歯学部は良き歯科医療人を育成し,歯科医学を研究,発展させることを目的としています。社会のニーズの多様化と国際化が急激に進む中で,歯科医療もますます高度化しつつあります。
                   歯学部では「国民への高度な歯科医療の提供」と共に「先端的な歯科医療の研究開発」を重視した人材育成を行っています。
                   歯科医学は幅広い総合的な学問領域です。歯学部では自然科学から人文,社会科学的な分野の教育,研究も行われています。文系,理系に関わらずさまざまな学生が活躍できる学部です。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  教育内容・特色
                   歯学部の使命は良き歯科医療人を育成し,歯科医学を研究し,発展させることです。社会のニーズの多様化と国際化が急激に進む中で,歯科医療もますます高度化しつつあります。歯学部では「国民への高度な歯科医療の提供」と共に「先端的な歯科医療の研究開発」を重視した人材育成を行っています。
                   歯科医学は幅広い総合的な学問領域です。歯学部では自然科学から人文,社会科学的な分野の教育,研究も行われています。文系・理系に関わらず,さまざまな学生が活躍できる学部です。

                  求める人材
                  文系,理系を問わず,次のような熱意のある人を求めています。
                  1.歯学教育を受けるに十分な基礎学力を持っている人
                  2.他人を思いやる優しさと高い倫理観を持っている人
                  3.何事にも意欲的に取り組むことができる人
                  4.生命,健康科学に強い好奇心と探究心を持っている人
                  5.歯科医師として国民の健康,福祉・介護,さらには国際医療に貢献したいという明瞭な目的意識を持っている人

                   入学後の学修のため,高等学校段階までに習得してもらいたいこと。
                   高校では特定の科目に偏ることなく,授業に意欲的に取り組んでください。知識を習得するだけでなく,様々な社会の問題に関心を持ち,そして自分の考えをもって行動する姿勢は,歯学分野において社会に貢献するための基礎となる全人的な能力の育成に必要不可欠なものです。

                  選抜の基本方針
                  ・一般入試(前期日程)
                   5または6教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では数学・理科(2科目)・英語を課し,歯学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。また面接により歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・一般入試(後期日程)
                   5または6教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では小論文により論理的思考力と表現力を,また面接により歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)
                   5または6教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では小論文により論理的思考力と表現力を,また面接により歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・帰国子女入試
                   前期日程の個別学力検査と同一の問題を用いて,歯学を学ぶ上で基盤となる数学・理科(2科目)・英語の学力を評価します。また小論文により論理的思考力と表現力を,面接により歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・私費外国人留学生特別入試
                   日本留学試験の日本語・数学・理科(2科目)を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。また前期日程の個別学力検査と同一の問題を用いて数学と理科(2科目)の学力を評価します。さらに小論文と面接により論理的思考力,表現力,歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・国際バカロレア入試
                   書類審査と面接により,歯学を学ぶ上で必要となる基礎学力および歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  ・その他(編入学試験)
                   4年制大学卒業者を対象に,編入学試験を実施します。書類審査によって基礎学力や出身大学で受けた専門教育の背景を吟味し,小論文と面接により論理的思考力,表現力,歯学に対する好奇心,歯科医療に貢献したいという熱意,そして倫理観やコミュニケーション能力を総合的に評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   歯学部の教育科目は6年一貫の授業プログラムで行われ,卒業後歯科医師の資格を取得するための歯科医師国家試験に合格するだけでなく,岡山大学ディプロマポリシーに掲げる学士力を備えた人材育成のために,以下のカリキュラムポリシーに基づき特色あるカリキュラムを策定しています。

                  人間性に富む豊かな教養【教養】
                   多様な社会,学問領域に関心を持ち,知的好奇心を養うために,教養教育科目として,知的理解,言語,実践知・感性,汎用的技能と健康,導入科目を設定しています。専門教育科目においては,自ら問題を発見し解決する能力の涵養,将来の医療従事者としての自覚,生命現象ならびに人間性の多角的理解に基づいた歯科医学,歯科医療を目指した授業科目を実施します。

                  目的につながる専門性【専門性】
                   歯学教育モデル・コア・カリキュラムおよび歯科医学教授要綱を基本とし,歯科医師になるために必要な知識・技能・態度を修得するための臨床系専門教育科目と,その礎となる基礎系専門教育科目を設定しています。専門教育科目では,知識をより深く理解し,実践する能力を培うための講義と実習を並行して行います。また,歯科領域だけでなく,全身的な医学・疾患に関する知識を修得するため隣接医学を開講します。健康長寿社会の実現に向けて,生活習慣病や認知症,急性期医療,在宅介護医療,死生学に関する講義をe-learningを活用して実施します。さらに本学が独自に構築した,早くから医療人としての自覚を持たせるための早期見学実習を1年次に実施します。5年次から6年次にかけては,岡山大学病院における実際の臨床の現場で教員の指導を受ける診療参加型臨床実習を組み入れた授業科目を展開するとともに,地域医療の現場で活躍する臨床講師の下で在宅歯科医療を体験します。
                   専門教育科目は1年次から開始し,4年次までに基礎系専門科目を行うとともに臨床系専門科目を5年次前半までに履修完了します。また臨床予備実習を経て,5年次から6年次まで臨床実習を行います。そして,統合型学習としての総合歯学演習を行い,6年間の歯学教育内容を整理します。

                  効果的に活用できる情報力【情報力】
                   歯科医師として必要な情報収集および分析能力,またそれらを活用・発信する能力や態度を育成する科目を設定しています。チュートリアル教育では少人数グループ学習で,呈示された課題について情報収集を行うとともに,その成果を発表する能力を養います。介護施設を用いたPBL演習では,介護現場を見学することで高齢患者の問題点を抽出し,解決する能力を養います。また3年次に行う自由研究演習(研究室配属)では各研究室に2ヶ月程度所属してリサーチ・マインドを育成するとともに,学生は情報収集および分析能力を身に付け,成果を効果的に情報発信できる力を修得します。

                  時代と社会をリードする行動力【行動力】
                   歯科医学ならびに歯科医療技術を追求する姿勢を育成し,広く社会に還元するための行動力を養う科目を用意しています。基本的な自己学習力を身につけるために,チュートリアル教育を実施します。基礎系専門教育科目ならびに臨床系専門教育科目の基礎実習,診療参加型臨床実習で総合的な知識・技能・態度を学び行動力の基盤を育成します。さらに,歯学国際交流演習(短期留学プログラム)で国際性,自由研究演習で研究力,特別科目で地域社会との連携などの理解を支援します。国際的な場で活躍する基礎的能力を得るために外国語科目を設定しています。高度医療支援・周術期口腔機能管理実習でチーム医療の一員としての歯科医師の役割,多職種連携について学びます。

                  生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
                   歯科医師は生涯に亘って日進月歩の医療知識を吸収し成長し続けること,即ち自己実現力を身につけることが要求されます。この学士力を育成するためにスポーツ,文化活動を含む教養教育科目を設定しています。さらに1年次からチュートリアル教育を開始し,これを3年次,4年次で専門的に発展させた科目の履修を通じて自己の成長を追究する姿勢を養います。それに並行し,自己表現力演習,早期見学実習,自由研究演習,歯学国際交流演習によって,世界における自己の位置を認識できるよう学生を導きます。診療参加型臨床実習では,歯科医として臨床に深く携わる日々を享受し,その中で自らのあるべき姿への成長を実現して行ける能力,生活態度が身に付きます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  人間性に富む豊かな教養【教養】
                   自然や社会の多様な問題に対して関心を持ち,主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を有し,人間性や倫理観に裏打ちされた歯科医療人としての豊かな教養を身につけている。

                  目的につながる専門性【専門性】
                   医療に対する社会の要請ならびに歯科医学の進歩に主体的に、独創的に対応し,高度な医療福祉の担い手となりうる歯科医師としての専門的知識・技能・態度を身につけている。

                  効果的に活用できる情報力【情報力】
                   先端的な歯科医学,歯科医療の発展を担うための問題発見,情報収集・分析・応用能力を身に付けると共に,成果を効果的に発信できる。

                  時代と社会をリードする行動力【行動力】
                   歯科医学と歯科医療技術を基盤に,地域社会から国際的な場に至るまでの幅広い領域で活躍できる。

                  生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
                   社会・文化活動等に親しむことを含めて,自立した個人・社会の一員として日々を享受する姿勢を一層高め,生涯に亘って歯科医療,歯科医学を志す者として自己の成長を追求できる。