ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(医学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  本学部は,医の倫理に徹し,科学的思考法と高度の医学的知識を体得し,社会的信頼を得るに足る臨床医及び医学研究者を養成すること並びに高い臨床能力を持つ医療技術者及び医療技術科学の研究者を養成することを教育目的とし,もって人類の健康と福祉に貢献することを使命とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  ●教育内容・特色
                  医師・医学研究者の育成には,科学知識と技術の修得とともに豊かな人間性の教育が強く求められます。医学科の使命は,「医の倫理に徹し,科学的思考法と高度の医学的知識を体得し,社会的信頼を得るに足る臨床医並びに医学研究者を養成し,もって人類の健康と福祉に貢献する」ことです。特色ある6年間の医学教育を経て,医学・医療の進歩,社会のニーズに対応して絶えず医療の質の向上に努め,生涯にわたり社会へ貢献できる,世界に通用する医療人を育成します。

                  ●求める人材
                  医学科では,将来の医学・医療の担い手として次のような人材を求めています。
                  1 医師に必要な使命感,豊かな人間性,高い倫理観,コミュニケーション能力を持っている人
                  2 医学・医療の進歩に対応するために必要な,幅広い基礎的学力と語学力,問題解決能力を持っている人
                  3 知的探究心が強く,とくに生命科学に対して深い関心を持っている人

                  高等学校において,論理的思考力を身につけ,筋道の立った文章を書き,自然科学の基礎知識と思考方法を習得しておくことが必要です。入学後の学修のため,高等学校において修得していることが望まれる教科は,国語,外国語,地理歴史,公民,数学,理科です。

                  ●選抜の基本方針
                  ・一般入試(前期日程)
                  5教科7科目の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では数学・理科2科目・英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。また面接により,将来の医学・医療の担い手としての適性を重視します。
                  ・推薦入試Ⅱ(大学入試センター試験を課すもの)
                  地域枠コースとして募集,選抜を行います。調査書・志願所信書等の書類審査と面接試験で,志望する各県の出願要件をみたし,各県が貸与する奨学金を受給し,かつ当該県内での医療に従事する強い意思を確認し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に判断します。入学後の学修のため,5教科7科目の大学入試センター試験を課し,基準点(概ね780点)以上の者から選抜します。
                  ・私費外国人留学生特別入試
                  本学の定めた出願資格を満たしている者に対して,書類審査,日本留学試験(日本語,数学コース2,生物および他1科目理科)を課し,日本の高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では数学・理科2科目・英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。
                  ・アドミッション・オフィス入試(国際バカロレア入試)
                  国際バカロレア資格(IB最終成績評価39/45点以上)を有し,日本語(言語Aで成績評価4以上),理科2科目および数学(所定の成績評価以上)を修得した者に対して,書類審査を行い,日本の高等学校卒業レベルの基礎学力および医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。
                  ・その他(編入学試験(学士入試))
                  本学の定めた出願資格を満たしている学士に対して,書類(TOEFL-iBT成績証明含む)審査を行い,課題作文で論理的思考能力と生命科学に対する理解度を評価します。学力試験では生物学,科学英語を課し,医学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度を評価します。さらに面接を課し,将来の医学・医療の担い手としての適性を総合的に評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  医師・医学研究者の育成には、科学知識と技術の修得とともに豊かな人間性の獲得が求められます。本学科では、医の倫理に徹し、科学的思考法と高度な医学的知識・技術を体得し、社会的信頼を得る医師並びに医学研究者を養成することを教育理念とします。この理念を達成するために、卒業までに身につけるべき事項についてディプロマポリシーを定め、医学教育モデル・コア・カリキュラムに提示されている教育内容を包含した6年一貫教育カリキュラムを構築しています。

                  人間性に富む豊かな教養【教養】
                  教養教育と専門教育を通して、高い倫理観と幅広い国際的な教養、豊かな人間性を身につけます。 専門教育では、1年次の「医学概論」、「臨床医学入門」で医学の根本を学び、「プロフェッショナリズム」で、医師としての素養を身に付けます。2年次の「医学史」では医学を築いてきた先人に学びます。さらに、4年次での「生命倫理学」、「医事法」では、倫理的・法的観点から医師に求められる素養を獲得します。

                  目的につながる専門【専門性】
                  専門基礎科目と専門科目の螺旋型カリキュラムにより、国際的に活躍できる医療人に必要な専門的知識と実践的能力を養います。1年次に生命科学の基礎を修得し、2~3年次に正常な人体の構造と機能、病原体や様々な病因によって引き起こされる病態、薬物反応、を学びます。4年次では、 臨床医学と社会医学を学修します。4年次後半~6年次では、診療チームの一員として臨床実習を行い、医師の職業的な知識・思考法・技能・態度の基本を身につけます。

                  効果的に活用できる情報力【情報力】
                  医学的情報を収集・分析し的確に判断できる能力を養い、効果的にグローバルな情報発信ができる能力を身につけるための科目を設定しています。1年次に情報リテラシーの基礎を学修し、2年次では情報の数理解析方法を学びます。実践的な演習科目として、3年次初期に「基礎病態演習」を、4年次後半に「臨床病態演習」を設定し、課題解決型能力を養います。

                  時代と社会をリードする行動力【行動力】
                  高い協調性のもとに世界に通用する専門職業人としての指導力を発揮し、医療チームの一員として責任をもった行動ができる能力を養成します。1年次では、チュートリアル方式の授業を行い、自ら問題点を見つけて学習する習慣を身につけます。1・2年次に外国語科目を履修し、外国語によるコミュニケーション力を獲得します。1~3年次に行う地域医療体験実習では、地域の医療現場を理解するとともに、地域住民や医療従事者とのコミュニケーションを通して医療人としての社会性を育てます。

                  生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
                  医学・医療の進歩、グローバルな社会のニーズに対応して絶えず医療の質の向上に努め、生涯にわたり自己の成長を追求できる医療人を育成します。1年次早期に医療・福祉の現場を自ら体験し、患者の傍らにいること、共感的態度を学びます。3年次には、医学研究インターンシップを行い、海外を含む学内外の研究室での実体験を通して研究マインドを涵養します。6年次では、6年間の医学教育の仕上げとして選択制臨床実習による総合的な自己研鑽を行います。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ・人間性に富む豊かな教養【教養】
                  医療人としての高い倫理観と幅広い国際的な教養,豊かな人間性を身につけている。

                  ・目的につながる専門性【専門性】
                  国際的に活躍できる医療人として必要な専門的知識と実践的能力を身につけている。

                  ・効果的に活用できる情報力【情報力】
                  医学的情報を収集・分析し,的確な判断を行い,効果的にグローバルな情報発信ができる。

                  ・時代と社会をリードする行動力【行動力】
                  高い協調性のもとに世界に通用する専門職業人としての指導力を発揮し,医療チームの一員として責任をもった行動ができる。

                  ・生涯に亘る自己実現力【自己実現力】
                  医学・医療の進歩,グローバルな社会のニーズに対応して絶えず医療の質の向上に努め,生涯に亘り自己の成長を追求できる。