ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   人々の生命、生活および健康の問題に直接的に関わる医療従事者は、広くかつ深い専門知識と高い技術を身につけ、豊かな人間性、深い倫理観、ニーズをくみ取る感性等を併せ持つ者でなければならない。その上に立って人間と生命の尊厳を重視し、人々が健康で充実した生活を送るための医療・保健・福祉を統合した健康の推進活動に参画するのが使命である。

                   そのため、本学ではヘルスプロモーションを目標理念として据えてきたが、その教育理念としては「全人的ケア」および「チーム・ケア」を据えている。

                   「全人的ケア」は深い倫理観と人間愛の上に、個々の人間の健康問題を、生物的のみならず、社会的存在として集団の中で生活する人の課題として総合的に理解でき、対象となる人々、家族及び地域の保健・医療・福祉の問題点を的確に把握するとともに、これに対処するための専門的・最新的な知識及び技術を基盤として実践するケアを指す。また「チーム・ケア」はヘルスプロモーションへの参加に当たって、その専門性をもって他の分野の人々と協調的に交流と連携ができ、チームの一員としても、また時に応じてはリーダーシップを発揮して、人々により受け容れ易くかつ最も効果的に展開できるケアを指している。

                   以上のような理念を科学的・実践的にさらに発展・充実させるための原理の追求や活動は、世界的に見て学問的には未だ萌芽的段階であり、今後この分野のより高度の知識と技術をもって実践、研究、教育に指導的に携わる人材育成が急務となっている。

                   この社会的ニーズに応え、この理念を追求する高度の教育課程を目指し、コメディカル分野の高度専門職や専門性の確立に貢献できる教育・研究者の養成を目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  保健学研究科では、以下のような人を求めています。
                  ●保健・医療の基礎知識と豊かな人間性、優れた感性を持つ人
                  ●人々の幸福と健康の増進に貢献しようという情熱と気概がある人
                  ●協調性と柔軟な発想を持ち、将来、チーム医療の中核になれる人
                  ●保健・医療・福祉、および関連分野の高度の専門知識と技術の修得を目指す人
                  ●機器・技術・教育プログラムの開発に携わるため、研究の基礎能力の修得を目指す人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   研究の基礎能力と保健・医療に携わる者としての素養を育てるために,3 分野共通のコア科目を設けています。
                   助産師,がん専門看護師の育成にあたっては高度の専門知識と技術に加えて,研究の基礎能力を身につくようなコース編成となっています。
                   助産師,がん専門看護師の育成にあたっては岡山大学病院,地域中核病院,および診療所での実習を取り入れて,実践に結び付いた教育を行っています。
                   研究の中間段階で,他の大学院生や教員の質問や意見を参考に自分の研究の問題点や位置づけがわかるようにしています。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ●保健学の実践を通してヘルスプロモーションの実践に貢献できる。
                  ●保健・医療チームの中核として全人的な保健・医療を提供できる。
                  ●研究の基礎能力と探究心を持ち、生涯にわたって自己研鑽できる。
                  ●社会・環境の変化にも柔軟に対応できる。
                  ●高度の専門知識と技術を持ち、保健・医療・福祉の向上に貢献できる。