ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  本学部は、広く工学に関する知識を授け、深く専門の学芸を教授研究して、知的、道徳的、創造的及び応用的能力を有する人材を育成することを目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                   工学部では、人間、社会、自然、環境等の何れにも配慮し、人類の存続と繁栄に必要な科学技術の発展に貢献することのできる人材の育成を目指しています。そのために、次のような人が入学することを期待します。
                   (1) 自ら好奇心を持って勉学および新しいことに取り組む意欲がある人
                   (2) 人間、社会、環境等と科学技術との関連について関心がある人
                   (3) 日本語でのコミュニケーション能力および国際化に必要な英語のスキルを有している人
                   (4) 各学科において望まれる人は、上記に加えて以下のとおりです。

                   機械システム系学科は、ものが創り出される仕組みや方法に興味があり、新たな機械やシステムを開発しようとする意欲を持ち、数学や物理の基礎学力を持った人を期待します。
                   電気通信系学科は、環境と人間が調和した低炭素社会の構築に不可欠な分野である電気電子工学や通信ネットワーク工学に興味を持ち、数学と物理の基礎的な学力を有し、修得した技術で社会に貢献する意欲を持った人を期待します。
                   情報系学科は、 コンピュータと知能に関する科学・工学に立脚して国際的に活躍することを鑑みて、産業や社会の基盤となる情報システムの構築に関心が高く、数学・英語に関する基礎的な能力と科学的な考え方や知能の本質に興味と好奇心を持つ人を期待します。
                   化学生命系学科は、高等学校等において全ての学問に興味を持って勉強し、それらの基礎をしっかりと理解しており、それらを駆使して論理的な思考ができ、ものごとに対して常に「なぜそうなるのか」を考える姿勢と学習習慣を持つ人を期待します。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  工学部では、本学部ディプロマポリシーに掲げる学士力(多面的に考える素養と能力、技術者倫理、論理的基礎知識と応用能力、技術的専門知識と問題解決能力、社会の要求に応えるデザイン能力、コミュニケーション能力、プロジェクトの立案・遂行・総括能力、自主的・継続的な学習能力)を備えた人材を育成するために、教養教育科目と専門教育科目で構成される体系的なカリキュラムを提供しています。教養教育科目は、全学部の学生が共通に受ける授業科目として位置付けられており、学問の基礎となる知識や技能を獲得するための科目と人間や社会に対する洞察を深めて幅広い視野から物事を捉え判断する力を養うための科目とを設定しています。また、専門教育科目は、専門基礎科目、学科専門科目、コース専門科目に分けられています。専門基礎科目は、工学部の学生が共通に受ける授業科目、すなわち工学部共通コア科目として位置付けられており、工学の学問・研究に必要な基礎学力を幅広く養うための科目を設定しております。学科専門科目は、学科の専門領域について知識と技術を習得し、専門技術者としての素養を身に付けるための科目を設定しております。コース専門科目は、コースの専門領域についてより深い知識と技術を身に付けるための科目を設定しています。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  多面的に考える素養と能力【教養1】
                   地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
                  技術者倫理【教養2】
                   技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
                  論理的基礎知識と応用能力【専門性1】
                   数学、自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力
                  技術的専門知識と問題解決能力【専門性2】
                   専門分野の技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力
                  社会の要求に応えるデザイン能力【情報力】
                   種々の科学、技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
                  コミュニケーション能力【行動力1】
                   日本語による論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用する
                   コミュニケーション基礎能力
                  仕事の立案遂行および総括能力【行動力2】
                   与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
                  自主的、継続的な学習能力【自己実現力】
                   自主的、継続的に学習できる能力

                  続きを読む… 折り畳む