ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  法学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  法学部は、法学および政治学を学ぶことを通じて、現実社会に対する深い理解と分析力をもち、そこで生起する諸問題に対して柔軟かつ適切な判断を行うための論理力・応用力をもった人材の養成を目標としています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  教育内容・特色
                   現実社会で生起する諸問題に対して柔軟かつ適切な判断を行うため,法学および政治学を学ぶことを通して,以下の能力の発展・向上を目指します。
                  1.それぞれの法分野について基礎的な知識と理論を修得し,論理的かつ合理的に問題を解決できる法的思考能力(リーガル・マインド)
                  2.政治や社会について多角的な視点から理解し,現代社会に生起する諸問題を自ら発見し解決しようとする意欲と能力
                  3.国際社会に関する理解をもち,グローバル化・情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力

                  求める人材
                   高校までの学習を通じて形成された学力を重視しつつ,以下のような資質をもった学生を求めます。
                  1.社会に対する広範な関心を持ち,幅広い視点から柔軟にものごとを考えようとする人
                  2.自ら課題を発見し,ねばり強く考え,自ら判断していこうとする人
                  3.世界の動きに関心があり,グローバルな視点をもって活躍したいという意欲のある人

                   また,将来の職業との関係では,裁判官,検察官,弁護士などの法律専門職や公務員,民間企業などで活躍することを志望する学生を歓迎します。

                   入学後の学修のため,国語・外国語の2教科を中心に読解力,思考力,表現力を養い,まんべんなく基礎学力を積み上げ,着実に学習する態度を身につけていることが望まれます。

                  選抜の基本方針
                  ・一般入試(前期日程)
                   5~6教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。2教科の個別学力試験では,国語・外国語を課し,法学・政治学を学ぶ上で基盤となる科目への理解度と応用能力を評価します。

                  ・一般入試(後期日程)
                   5~6教科の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力試験では,小論文を課し,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。

                  ・アドミッション・オフィス入試(AO入試)
                   外国語の大学入試センター試験を課し,高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。書類審査では,調査書,自己推薦書を通して,自己表現力や学習意欲を総合的に評価します。また面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力やコミュニケーション能力,理解度,意欲など法学・政治学を学ぶ上での適性を総合的に評価します。

                  ・私費外国人留学生特別入試
                   日本留学試験を課し,基礎的な日本語能力及び基礎学力を評価します。小論文では,法学・政治学を学ぶ上で特に重要な,読解能力,論理的思考力,表現能力を評価します。また面接により,大学で学ぶ専門領域についての関心と自己表現力や意欲など法学・政治学を学ぶ上での適性を総合的に評価します。

                  ・国際バカロレア入試
                   書類審査により,成績評価証明書,自己推薦書,評価書を通して,基礎学力,自己表現力,意欲を評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   法学部法学科には、昼間に授業を行う「昼間コース」と主として夜間に授業を行う「夜間主コース」が置かれています。本学部の教育課程は、人間性に富む基礎的教養の修得を目標とする教養教育科目および社会の実践的課題に対応できる法的思考力(リーガル・マインド)の修得を目標とする専門教育科目から編成されており、学生の皆さんが、自分の関心や目的に沿って、法学・政治学を効果的に学ぶことができるように多様性のある教育科目が段階的・体系的に編成されています。
                   まず法学科昼間コースでは、1年次に入門科目を中心とした「法政基礎科目群」を、2年次には「法政共通科目群」を、3・4年次には「グローバル法政科目群」を配当し、これらをすべての学生が履修する科目群として位置づけています。また、主に3年次以降に配当される専門科目については、公務員を目指す「公共法政コース」、民間企業を目指す「企業法務コース」および法律専門職を目指す「法律専門職コース」の3つの履修コースにそれぞれコア科目を置き、学生の皆さんの体系的な学習をサポートしています。
                   昼間コースでは、法学・政治学についての理解を深め、様々な問題を発見する能力、自ら考え表現する能力、共に考えるコミュニケーション能力を養うことを目的とする少人数教育を各学年で実施しています。1年次生には、学生生活上のガイダンスを兼ねた法学・政治学の入門のための少人数科目として「法政基礎演習」が開講されています。2年次に開講される「演習Ⅰ」では、法学・政治学の主要な分野について、参加者の個別報告と討論を通じて、3・4年次での学習を進めるための基礎づくりの場を提供します。「演習Ⅱ」は、既に一定の学習を進めた3・4年次生のための演習で、法学・政治学の様々な専門分野について、少人数での報告と討論を通じて、講義で得た専門的な知識をさらに深めていくことができます。
                   法学科夜間主コースの教育課程は4年間一貫教育で、1年次から専門科目を履修することができ、4年次まで系統立った学習ができるよう配慮された科目配当がなされています。1年次に「法政基礎演習」、2年次以降に「演習Ⅰ」「演習Ⅱ」が開講されるほか、多くの授業が少人数クラスで行われています。専門科目については、30単位まで昼間コースの講義を履修することができ、原則として社会人であることを踏まえた多様な勤務時間に対応した学習時間を選択することができるようになっています。

                  人間性に富む豊かな教養【教養】
                  社会の多様な問題に対して関心を持ち、主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を有し、人間性や倫理観に裏打ちされた基礎的な教養を身につけるための科目を開講しています。
                  教養教育科目として、導入教育科目―法政基礎演習―、知的理解科目、実践知・感性科目、汎用的技能と健康科目、言語科目、高年次教養科目を開講しています。

                  リーガル・マインドの涵養【専門性】
                  法律や政治等に関連する実践的課題に対応できる法的思考能力(リーガル・マインド)を身につけ、社会に貢献するために、法律学・政治学を学ぶ専門科目を開講しています。また、進路によって、「公共法政コース」「企業法務コース」「法律専門職コース」の3コースに分けて専門知識を修得する機会を提供します。
                  少人数教育である演習科目―「演習Ⅰ」(2年次生対象)および「演習Ⅱ(3・4年次生対象)―を通じて、講義で得た専門的な知識をさらに深く修得する機会を提供します。
                  法学科夜間主コースの教育課程では、社会人に配慮したカリキュラムにより、専門知識を修得する機会を提供します。

                  情報を科学的に分析する能力【情報力】
                  現代社会の諸問題について、その歴史性や国際的比較等多角的な視点から理解し、科学的に分析する能力を身につけ、それを効果的に情報発信するための科目を開講します。
                  演習等の少人数科目では、情報収集・分析・発表の能力を修得する機会を提供します。

                  コミュニケーション能力【行動力】
                  グローバル化および情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力を身につけ、的確に行動するための科目を開講しています。
                  少人数の講義、演習科目、外国語科目等において、双方向授業に基づき、コミュニケーション能力と情報活用能力を修得する機会を提供します。

                  課題を発見し、自ら判断し解決しようとする意欲と能力【自己実現力】
                  現代社会に生起する諸事象から課題を発見し、自ら判断し解決しようとする意欲と能力を身につけるための科目を開講しています。
                  教養教育科目や専門科目を受講することにより、自らが直面する問題に向き合い、自己実現するための能力を養成する機会を提供します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.人間性に富む豊かな教養【教養】
                  社会の多様な問題に対して関心を持ち,主体的な問題解決に向けての論理的思考力・判断力・創造力を有し,人間性や倫理観に裏打ちされた基礎的な教養を身につけている。
                  2.リーガル・マインドの涵養【専門性】
                  法や政治等に関して実践的課題に対応できる法的思考能力(リーガル・マインド)を身につけ、社会に貢献できる。
                  3.情報を科学的に分析する能力【情報力】
                  現代社会の諸問題について、その歴史性や国際的比較等多角的な視点から理解し、科学的に分析する能力を身につけ、それを効果的に情報発信できる。
                  4.コミュニケーション能力【行動力】
                  グローバル化および情報化する社会で活躍できるコミュニケーション能力と情報活用能力を身につけ、的確に行動できる。
                  5.課題を発見し、自ら判断し解決しようとする意欲と能力【自己実現力】
                  現代社会に生起する諸事象から課題を発見し、自ら判断し解決しようとする意欲と能力を身につけている。