ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  文学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  【人文学科】
                   広い知識を授けるとともに、言葉及び文化、人間の行動並びに歴史及び社会に関する教育研究を行い、人間文化及び現代社会に対する深い教養、専門的知識、柔軟な思考力並びに豊かな表現能力を有する人材を養成することを目的としています。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                   文学部では、人間がつくり上げてきた文化に対する好奇心を高め、多様な角度から人間存在の深みに光をあてる教育研究を行っています。各自の好奇心を学問的に問題化し検証する訓練を積むことで、人文学の幅広い知識と深い洞察力を身につけた人材を育成することを目標にしています。そのために、次のような学生を求めています。

                  【文学部の求める学生像】
                   1.みずみずしい感受性と想像力を持っている学生
                   2.言葉や文化、人間の行動、歴史や社会に対する幅広い関心と好奇心を持っている学生
                   3.基礎学力、とりわけ論理的思考力、日本語および外国語の読解力・表現力、情報リテラシーを備えている学生
                   4.既成の価値観にとらわれることなく、自分で問題を発見し、探求していくことができる学生

                   以上のような学生を選抜するために、文学部では、大学入試センター試験により総合的な基礎学力を測り、 個別学力検査では「国語」「外国語」「数学」(後期日程にあっては、「外国語」「小論文」)を課すこと により、理解力、読解力、語学力、課題解決能力、論理的思考力、表現能力等を測ります。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  神戸大学のカリキュラム・ポリシーにもとづき、文学部は以下の方針に則りカリキュラムを編成する。

                  1.「人間性」「創造性」「国際性」を学生に身につけさせるため、すべての学生が履修する共通の科目として、基礎教養科目、総合教養科目、高度教養科目、外国語科目、初年次セミナー、キャリア科目、情報科目、健康・スポーツ科学及びその他必要と認める科目を開設する。
                  2.人類の文化的営みの蓄積としての人文学を、古典を通して深く理解するとともに、社会的対話により、それを実践することを通じて人文学的素養を涵養し、「専門性」を学生に身につけさせるため、以下の専門科目及びその他必要と認める科目を開設する。
                  ・自らの好奇心を学問的に問題化し検証する訓練を積み、幅広い知識を身につけることができるように初年次セミナー、専門科目基礎科目、高度教養科目を開設する。
                  ・人類共通の叡智の蓄積である古典を通して人文学共通の問題・課題を発見できる理解力を身につけることができるように専門科目基礎科目、専門科目、グローバル科目を開設する。
                  ・文化・言語・学域の壁を越えた意思疎通および連携を可能にする社会的対話力を身につけることができるように専門科目、ESD科目、グローバル科目を開設する。
                  ・固有の学問的課題を知の普遍的課題に位置づけられる洞察力を身につけることができるように卒業論文、卒業論文関連科目を開設する。

                  なお、これらの科目は、講義・演習・実習等の授業形態に応じて、アクティブラーニング、体験型学修などを適宜組み合わせて行う。
                  学修成果の評価は、学修目標に即して多元的、包括的な方法で行う。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   神戸大学文学部は、人類の文化的営みの蓄積としての人文学を、古典を通して深く理解するとともに、社会的対話によりそれを実践して行くことを教育研究上の目的としている。また、徹底した少人数教育により、個々の学生の好奇心に応え、自ら問題を設定し、解決するスキルを学生に伝授することを目的としている。

                   この目的を達成するため、以下に示した方針に従って学士の学位を授与する。

                   学位:学士(文学)

                   神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、文学部は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。
                  ・本学部に4年以上在籍し、履修要件として定めた所定の単位以上(卒業論文を含む)を習得すること。卒業論文の単位取得のためには、指定の期日までに卒業論文を提出し、卒業論文試験に合格することを要する。文学部に在籍する学生が修了までに達成を目指す目標は、次の通りとする。
                  ・神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、卒業までに、本学部学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
                    ・自らの好奇心を学問的に問題化し検証する訓練を積むことを通じて人文学の幅広い知識を獲得する能力
                    ・人類の知的営みの蓄積である古典を通じた人文学共通の問題・課題についての理解力
                    ・文化・言語・学域の壁を越えた意思疎通および連携を可能にする社会的対話力
                    ・固有の学問的課題を知の普遍的課題に位置づける深い洞察力