ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  大学院教育学研究科は,様々な専門分野で現代社会の多様な課題に対応した高度な知識や専門的素養を養い,教員を含む様々な職業分野で指導的役割を担える専門的職業人を育成することを教育研究上の目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  1.基本理念・目標
                  大阪教育大学は,我が国の先導的な教員養成大学として,教育の充実と文化の発展に貢献し,とりわけ教育界における有為な人材の育成をとおして,地域と世界の人々の福祉に寄与する大学であることを使命としています。この使命を達成するため,大阪教育大学では人と真摯に向き合う姿勢を基に,学生一人ひとりの個性を尊重した教育を推進していきます。
                  大学院教育学研究科にあっては,高度な知識や研究手法の修得をとおし,現代社会の多様な課題に対応できる探求能力を養い,様々な職業分野で課題解決能力を持って中核的役割を担える人材の育成をめざしています。
                  なお,本学では教育学部及び大学院において外国人留学生の受入れを積極的に進めています。

                  2.求める学生像
                  (大学院教育学研究科)
                  ・高度な先端知識の修得と複雑かつ多様な課題の解決能力の修得に意欲のある人
                  ・現職経験をもとに自らの職能向上や研究能力の修得に意欲のある社会人
                  (外国人留学生)
                  上記の学部若しくは大学院の求める学生像に加えて,次のような人を求めています。
                  ・一定の日本語能力と大学教育を受けるに必要な基礎学力を持つ人
                  ・日本の文化や社会についての理解や経験を活かして国際的に活躍することをめざす人

                  3.入学者選抜の基本方針
                  大学院においては,大学院入学試験を実施します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  広い視野に立って精深な学識を修め,専門分野における理論と応用の研究能力を養成するため,カリキュラムは以下の科目で編成・実施します。
                  1.様々な職業分野で中核的な役割を担いうるための高度な専門的知識の修得と,技能の向上を目的とする科目
                  2.複雑かつ多様な課題に対応できる研究能力,課題解決のために協働できる能力の修得を目的とする科目

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  所定の単位を修得し,かつ必要な研究指導を受けることによって,様々な職業分野で中核的役割を担える人材と認められる者で,学位論文審査及び最終試験に合格した者に学位として,「修士(学術)」または「修士(芸術)」を授与します。
                  また,様々な職業分野で中核的役割を担える人材として必要とされる資質能力について,下記のとおり専攻ごとに分類しています。

                  健康科学専攻,総合基礎科学専攻,国際文化専攻
                  取得できる学位:修士(学術)
                  1.社会における多様な現代的諸課題に応えうる高度な専門的知識と能力に基づく総合的実践力
                  2.学士課程で培った基礎能力を一層高め,専門的職業における社会・研究活動に活かせる研究能力
                  3.修得したことを活かして,社会において中核的役割を担い,多様な現代的課題解決のために協働できる能力

                  芸術文化専攻
                  取得できる学位:修士(芸術)
                  1.芸術文化における多様な現代的諸課題に応えうる高度な専門的知識と能力に基づく総合的実践力
                  2.学士課程で培った基礎能力を一層高め,専門的職業における社会・研究活動に活かせる研究能力
                  3.修得したことを活かして,芸術文化において中核的役割を担い,多様な現代的課題解決のために協働できる能力

                  続きを読む… 折り畳む