ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

看護学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学 4年 学士(看護学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

看護学部では、次の方針で教育を行います。
1 4年間の学士課程を通して、人間の営みに関係する文化、社会、自然、言語の科目、人間の健康生活に関係する生体の基礎、健康と生活、健康の変調と医療の科目を履修することにより、看護学の基盤となる様々な学問領域における知識と教養を身につける。また、専門教育では、看護実践に必要な知識と基本的技術を身につける。
2 看護学科目にシミュレーション教育、実習指導者等による講義や事例を用いた授業を導入することを通して、看護の現象を多角的に捉え、思考の広がりを育成すると共に、分析、統合する思考を育成する。
3 グループワークによる演習を含む科目や実習科目を履修することにより、他者と関わる力や協調性、倫理的態度、リーダーシップを養う。
4 看護統合科目・総合科目では、与えられた課題を十分に探究・考察し、その結果を的確かつ論理的に構成・発信する能力を育てる。
5 地域住民に模擬患者や生活体験の語り手等として協力していただく「コラボ教育」を導入することにより、地域住民の生活や健康問題に関するニーズを捉える力、主体的に地域活動に参加する姿勢を育てる。
6 複数の語学科目を配置し、国際的視野に立った医療や看護を学ぶことにより、異なった文化や価値観を理解する姿勢を育てる。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

看護学の基盤となる科目Iは、「人間と文化」「人間と社会」「人間と自然」「人間と言語」の四つの学科目群から構成されています。多様な授業を通して、文化的存在(言語を操るなどの文化をもって生きる人間)、社会的存在(関係の中で生きる人間)、自然的存在(動物的存在として生きる人間)としての人間について学びます。それによって看護の対象となる人間を多面的に理解し、他者とさまざまな人間関係を築くことのできる能力を養います。
看護学の基盤となる科目Ⅱは、看護実践に必要な知識や技術の基盤となる「生体の基礎」「健康と生活」「健康の変調と医療」「健康と社会」に関する科目で構成されています。
看護学科目は、「看護実践の基盤科目」「利用者支援能力育成科目」「組織開発能力育成科目」「看護統合科目」の四つの学科目群から構成されています。
総合科目は、大学教育で身につける幅広い知識と自らの体験を通した学びを実践的に応用するための知の技法の獲得、および看護の基盤となる対人援助について学ぶことをねらいとします。知の技法の獲得のために「スタートアップセミナー」におけるゼミナールや、「看護研究方法論Ⅰ・Ⅱ」および「研究演習」を配置しています。また看護の基盤となる対人援助について学ぶために「スタートアップセミナー」における早期体験演習や、「ボランティア活動」を配置しています。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

看護学部では、以下の態度や能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に学位を授与します。
1 人間を全体として捉えることができ、人間の存在や経験の意味を洞察することができる。
2 生命の尊厳と人権を尊重し、常によりよい行動を取ろうとする倫理的態度を身につけている。
3 他者と関わる力を有し、能動的に他者との関係を築くことができる。
4 分析的かつ統合的な思考により、看護を受ける人に個別性のある看護を実践することができる。
5 リーダーシップの基礎を理解し、保健医療福祉従事者など多職種と連携・協働する積極性と協調性を身につけている。
6 地域住民の健康問題に関するニーズを捉え、主体的に地域活動に参加する姿勢を身につけている。
7 異なる文化や様々な価値観を理解し尊重する態度を身につけている。
8 社会の動向を把握し、ケアの質の向上とよりよい看護提供システムを探究しようとする姿勢を身につけている。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学

転学部・編入学情報補足

2023年度(2022年度実施)入試で募集を停止しました。

専攻分野

専攻分野
看護
医療・保健・衛生

専攻分野に関する説明