ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

保健医療学研究科(博士前期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
保健医療学専攻 2年 修士(看護学)、修士(理学療法学)、修士(作業療法学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

大学院カリキュラム・ポリシー

 山形県立保健医療大学大学院博士前期課程保健医療学研究科(博士前期課程)の設置趣旨を具体化するため、高度な知識と技能を有し、幅広い視野を持つ実践者、教育者及び研究者を育成するために、看護学分野、理学療法分野、作業療法学分野のすべての学生が学際的に学ぶ「共通科目」・「専門支持科目」・「専門科目」の3つに大別して編成する。

・共通科目には、研究活動の基礎となる研究法と保健医療の基礎的知識等を学ぶための科目を配置する。

・専門支持科目には、各分野の専門科目を学んでいく上で基礎となるとともに、学生の教育・研究の深化を可能とし幅広い視野を養うための科目を配置する。

・専門科目には、分野ごとに専門知識の修得を目的とした特論・特論演習のほか、修士論文の作成に向けた、特別研究を配置する。専門看護師課程選択では、専門分野における高度な看護実践能力の獲得に必要な知識と技術の修得を目的とした演習や実習及び課題研究を配置する 。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院学位授与方針
山形県立保健医療大学大学院博士前期課程

1 臨床や教育、研究の場において、変化する保健・医療・福祉の課題と展望を発見し、解決していくために、幅広さと深さを兼ね備えた高度な専門的知識を活用して、科学的に思考することができる。

2保健・医療・福祉の向上に、責任感を持ち、課題と展望を見出し、その解決に向けて積極的に貢献する高度な職業人としての姿勢を持つことができる。

3自らの研究について、的確に表現し、意見を交換することができる 。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護
理学療法・作業療法・リハビリテーション学

専攻分野に関する説明