ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

看護学研究科(博士後期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学専攻 3年 博士(看護学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

看護学研究科博士後期課程では,各専門領域を基盤に国際的・学際的視座から生涯健康支援看護学を創造する研究力を有し,看護実践や看護教育の改革を推進できる人材を育成するために以下のカリキュラムを編成する。
1.看護学専門領域を統合・包括する生涯健康支援看護学の創造を目指し、国際的・学際的な視座から多様な研究課題に対応できる柔軟な研究力を養えるよう,基本科目と専門科目を編成する。
2.自律的に研究活動を進めることができるよう個別指導とともに学際的な小集団・大集団の指導体制を提供する。
3.研究力を備えた高度看護実践指導者又は看護学教育研究者として先導的な役割を発揮できるよう,自らのキャリア形成を意図して履修する「選択推奨科目」と「選択関連科目」を提示する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

(1)看護の対象となる人々のライフステージや健康レベル、健康障害の種類・程度、生活の状況、生活拠点等の特性を包括的・横断的な視点でとらえ、統合的・縦断的な視点から生涯にわたる人々の健康と生活の質の向上を目指した看護支援方法の開発・研究を行います。
(2)専門分野を基軸とした責任ある個別指導体制、小集団指導体制、大集団指導体制により研究指導を行います。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 看護学研究科博士後期課程では,以下の要件を満たした者に対して,博士(看護学)の学位を授与する。
(1)専門とする看護学領域に関する高度な看護実践力を基盤として,学際性・国際性の視座から人の生涯にわたる健康を支援する看護を開発できる。
(2)看護実践や教育研究の改革を推進できる看護専門職としての高い倫理観・責任感・使命感に基づく高度な,実践力・教育力・管理力・研究力を有している。
(3)生涯健康支援看護学の観点から自律的に研究活動を遂行し,組織的に看護実践の質向上に貢献できる高度看護実践指導者又は看護学教育研究者として先導的に取り組む意志を有している。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護

専攻分野に関する説明