ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

事業構想学研究科(博士前期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
事業構想学専攻 2年 修士(事業構想学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

事業構想学研究科博士前期課程では,産業振興や地域振興を対象とした事業構想に関わる人材の養成を教育の目標とし,高度職業人及び研究者を育成するカリキュラムを編成する。
1.プロジェクトマネージャ育成のための高度職業人育成コース,専門領域における研究者育成のための学術研究コースを設ける。
2.事業構想を構成するビジネスデザイン・ソーシャルデザイン・空間デザイン・情報デザインの各領域における高度な知識・技能を修得するための専門講義科目群を構成する。
3.高度職業人育成コースでは,地域社会や企業と密接に関連した実践型教育を展開する。また学術研究コースでは,グローバルな研究者育成を図るために英語科目を設ける。
4.研究科共通科目として,事業構想学を概説する基礎講座を設けるとともに,事業構想学に関する最先端知識を修得するための特別講義を設ける。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

(1)学卒者と社会人の両方を対象に高度な専門職の教育を行います。
(2)全領域で地域現場と密着した実践教育を行います。
(3)研究者志望の者にはとくに研究能力の養成を重視します。
(4)関係資格(公認会計士、税理士、一級建築士、ソフトウェア開発技術者、など)の取得を支援します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

 事業構想学研究科博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士(事業構想学)の学位を授与する。
(1)地域社会における事業構想の実現のための専門的知識及び技能を有している。
(2)専門領域における知識・技能を軸としてそれらを発展させ,事業の構想や推進のための方策を立案できる。
(3)社会の動向や時代の流れに関心を抱き,自らが取り組むべき課題を見出し,それを高度専門職業人あるいは学術研究者としてそれぞれの立場から積極的に活動できる。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
経済学
デザイン工学

専攻分野に関する説明