ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

看護学研究科(博士前期課程)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
看護学専攻 2年 修士(看護学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 看護学研究科博士前期課程では,看護実践の課題に対応できる学際的・国際的な視野と専門とする看護学領域における基礎的研究力及び高度な看護実践力を有し,看護実践への貢献ができる人材を育成するために以下のカリキュラムを編成する。
1.看護学専門領域における研究能力を養成する「研究能力養成コース」と高度な看護実践力を備えた専門的看護師を養成する「専門看護師養成コース」を設ける。
2.学際的・国際的な視野と各看護学領域における基礎的研究力及び高度な看護実践力を修得できるよう保健医療福祉に関する専門共通科目,共通選択科目及び専門科目を編成する。
3.研究活動を計画的に進行できるよう個別指導を基盤にしながら定期的に小集団・大集団による指導体制を提供する。
4.専門看護師教育においては,各看護学領域における専門看護師としての看護実践力を修得できるよう実習施設を配置する。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

(1)看護現場の実践的課題に応じる理論・方策・技術等の開発を行います。
(2)現任看護職と学部進学者との相互作用効果を生み出す教育を行います。
(3)専門分野を基軸とした責任ある複数指導体制により研究指導を行います。
(4)関係資格(専門看護師)の取得を支援します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

看護学研究科博士前期課程では,以下の要件を満たした者に対して,修士(看護学)の学位を授与する。
1.看護学一般に関する知識・技術に加え,専門とする看護学領域に関する高度な看護実践力と学際性を有している。
2.看護専門職としての高い倫理観・責任感・使命感に基づき,看護実践への貢献ができる。
3.専門とする看護学領域の最新の知見を看護実践現場に合わせて適用するとともに,新たな知見を得るための研究活動を遂行できる。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
看護

専攻分野に関する説明