ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

システム情報科学研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
システム情報科学専攻 3年 博士(システム情報科学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

「システム情報科学における新原理や新たな問題解決手法の探求を行える」能力を育成し,ディプロマ・ポリシーにおける「システム情報科学の分野を体系的に理解し,その学際性を十分に意識して作成され,広い視野に立った高度な学術的内容を含み,当該の研究分野ないしは関連する産業界の今後の発展に寄与する新たな内容を含んでいると判断されること。」を満たす博士学位論文を作成していくための,研究指導科目群を設けます。

○研究指導科目群(D1-3)
研究指導科目群は,指導教員の専門的かつ綿密な研究指導のもとに,
・システム情報科学の分野を体系的に理解し,学術・産業の発展に寄与し,広い視野に立った高度な学術的内容を含む新規成果創出に向けた専門的知識,研究方法論を涵養します。
・新原理や新手法などの探究を目指し,研究テーマの設定,研究計画,研究評価,学会等での研究発表,論文の作成などの研究プロセスを通して博士論文を作成します。
また各指導科目において,極めて優秀である場合には,修業期間を短縮して論文提出を行うことも可能とします。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本研究科は、コンピュータと人が調和するシステムのあり方を追究することを目的とし、複雑系科学、情報科学、デザイン学、認知科学などを統合した学際的な教育研究を行い、広い視野をもった人材の育成を行っている。
また博士(後期)課程においては、博士(前期)における目的に加え、システム情報科学における新原理や新たな問題解決手法の探求を行える人材の養成を目的としている。
このような目的のために本研究科は、所定の単位を取得したものに対し、次の基準にもとづいて学位を与える。

・提出された博士学位論文が、システム情報科学の分野を体系的に理解し、その学際性を十分に意識して作成され、広い視野に立った高度な学術的内容を含み、当該の研究分野ないしは関連する産業界の今後の発展に寄与する新たな内容を含んでいると判断されること。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部
編入学

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学

専攻分野に関する説明