ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学教育部(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  全てを表示する 折り畳む

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  数学専攻 2年 修士(理学)
                  物理学専攻 2年 修士(理学)
                  化学専攻 2年 修士(理学)
                  生物学専攻 2年 修士(理学)
                  地球科学専攻 2年 修士(理学)
                  生物圏環境科学専攻 2年 修士(理学)
                  電気電子システム工学専攻 2年 修士(工学)
                  知能情報工学専攻 2年 修士(工学)
                  機械知能システム工学専攻 2年 修士(工学)
                  生命工学専攻 2年 修士(工学)
                  環境応用化学専攻 2年 修士(工学)
                  材料機能工学専攻 2年 修士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  【大学院理工学教育部修士課程(理学領域) 教育課程編成方針】
                  ●専門的知識を修得する授業
                   専門分野につき、学部で修得した専門的な知識と技能をさらに発展させて、先端研究に携わるのに必要な授業を提供します。また、他分野の知識や技能を幅広く学ぶ機会を提供します。
                  ●コミュニケーション能力を修得する授業
                   理学研究で得られた高度な知見を他者に伝える技術を学ぶ機会を提供します。
                  ●修士論文を作成するための研究指導
                   修得した専門的知識と技能を十分に活用して理学研究に取り組み、研究活動を通して創造力と責任感を養い、修士論文を作成できるよう指導します。

                  【大学院理工学教育部修士課程(工学領域) 教育課程編成方針】
                   富山大学大学院理工学教育部修士課程(工学領域)は、電気電子システム工学専攻、知能情報工学専攻、機械知能システム工学専攻、生命工学専攻、環境応用化学専攻、材料機能工学専攻の6専攻を置き、以下のような教育課程を編成しています。
                  ●専門分野に関連した十分な範囲とより深い知識修得のために、体系的な関連を考慮した教育課程を編成しています。
                  ●異分野への好奇心を満たし、より幅の広い知識修得のため、必要に応じて学問領域を超えた他専攻等の授業科目の履修ができる教育課程を編成しています。
                  ●企業等の現場で求められる複合的な課題に対応するため、実践教育、学際融合教育にも配慮した教育課程を編成しています。
                  ●博士課程への進学を希望している者に対しては、学際融合型の教育・研究を支援するために、他専攻・他教育部における講義等を選択できる教育課程を編成しています。
                  ●高度専門職業人となる人材を育成するために、実践教育特別講義と企業におけるインターンシップを通じて、学生が実践的経験を積むことができる教育課程を編成しています。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   修士課程においては、理学部、工学部の学科構成に対応した各分野における専門的知識と課題探求・課題解決能力を有する高度専門職業人となる人材を養成しています。

                  ■理学領域ウェブページ : http://www.sci.u-toyama.ac.jp/daigakuin/aboutus.html

                  ■工学領域ウェブページ : http://www.gse.u-toyama.ac.jp/mce/index.html

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  (平成29年度以前入学者)
                  [大学院理工学教育部修士課程(理学領域) 学位授与方針]
                  ・創造力
                   広範な知識と理学研究の経験に基づき,論理的思考力と総合力を発揮して,社会が直面する課題に新たな解決策を示すことができる。

                  ・責任感
                   共同で研究を行う経験を通して,自らが果たすべき役割を自覚して行動するとともに,責任感を持って社会に貢献できる。

                  ・コミュニケーション能力
                   他者と協調しながら研究に取り組むことができ,そこで得られた知見を適切な手段で正しく伝えることができる。

                  ・幅広い知識
                  専門分野の研鑽で得た知識と思考力を基に,様々な課題の解決に必要となる多様な知識の修得に務め,幅広い視野と深い教養を社会で活かすことができる。

                  ・専門的知識
                   高度な理学の知識と技能,ならびにそれらを用いて研究を遂行する能力を有し,社会における様々な課題の解決にあたることができる。


                  [大学院理工学教育部修士課程(工学領域) 学位授与方針]
                   富山大学大学院理工学教育部修士課程(工学領域)では,各分野における専門的知識と課題探究・課題解決能力を有する高度専門職業人となる人材を育成することを目的としています。
                   本大学院理工学教育部修士課程(工学領域)では,この目的に基づいて,柔軟に対応できる基礎能力と工学的知識を展開していく応用能力をもって,科学技術の重点分野であるライフサイエンス,情報通信,ナノテクノロジー・材料,エネルギー並びに健康分野における専門知識を身につけた者に学位を授与します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野