ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文科学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人文科学専攻 2年 修士(文学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (平成29年度以前入学者)
                  ・ 1年次には、「特論」で各専門分野の基本概念や方法論などを踏まえて深く学びながら、「特論演習」で、研究文献・史料などの高度の読解力や人間や社会を対象とする実験や調査の手法、資料の分析方法などを修得していきます。これと並行して異なる研究分野の教員の指導を受けることによって、専門性を深化させるとともに、学際性・総合性を備えた学修が可能になります。
                  ・ 「課題研究」で自ら研究課題を設けて、自主的・自立的に研究を遂行しうる能力を養成し、2年次には、修士論文を作成します。他領域や他研究科の教員の指導も受けられます。
                  ・ 所定の単位を修得し、修士論文を提出します。厳正な審査を経て、学位が授与されます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   広くかつ深く身につけた高度の人文科学的教養を背景に、深い人間理解の能力を持ち、視野が広く見識に富み、様々な課題に対処できる高度専門職業人として、さらに21世紀を生きる倫理観を備えた創造力に富む市民として、地域に根ざしながらグローバル化時代を自立して生きていく能力を持つ社会人の育成を目指します。
                   1専攻15の研究分野を置き、多彩な専門性を持つ大学院です。日本・中国・ロシア及び朝鮮半島の諸地域について専門的に研究できるのも本研究科の特色です。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  (平成29年度以前入学者)
                   •思想、歴史、文化、心理、社会、言語、文学に関する豊かな知見
                   •人文科学諸分野に関する調査・発表・討論などの実践的能力
                   •様々な現代的課題を研究し、解決する能力
                   •日本文化はもとより、欧米や東アジアなどの異文化を理解する能力
                   •コミュニケーションを通して豊かな人間関係を築きながら、多文化共生社会のなかで協調・協働して目標を実現することができる能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足

                  専攻分野

                  その他専攻分野