ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(博士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学専攻 4年 博士(医学)
                  光先端医学専攻 博士(医学)
                  高次機能医学専攻 博士(医学)
                  病態医学専攻 博士(医学)
                  予防・防御医学専攻 博士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  大学院医学系研究科(医学専攻)では、「研究者コース」と臨床研究者コース」を設け、教育課程を選択必修とする。
                  1.研究指導教員以外に副指導教員を置く。「研究者コース」の大学院生は臨床医学系の教員を、「臨床研究者コース」の大学院生は基礎医学系の教員を副指導教員として置くことを推奨する。
                  2.開設科目は修得すべき必要な最低限の単位数とし、複数の一連の科目を体系的に受講することによって、特定の研究領域に関する知識を修得できる。また、一方、複数の関連科目を横断的に受講することによって、幅広い専門知識を修得する。
                  3.開設科目の選択は、研究指導を受けたい各研究分野や関連領域・分野について、指導教員と相談して決定する。
                  4.「研究者コース」では、「先端基礎医学特論」を必修とする。これは、分野を超えて幅広い領域の基礎的学識を修得することを目的としています。また、英語で講義を行うことにより、国際的に高い水準の研究者を養成するための学識を併せて修得する。
                  5.「臨床研究者コース」では、先端医学特論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ(このうち2科目)を必修とする。これは「研究者コース」における「先端基礎医学特論」と同様に分野を超えて幅広い領域の基礎的学識を修得することを目的としています。また、臨床医学に関する研究マインドの要請に必要な能力を涵養するため、「医療倫理学」、「遺伝子医療と再生医療」を必修とする。
                  6.発表者が紹介論文の著者に代わって発想から結論までの理論と実験根拠を示し、参加者全員がこれに対して批判し、質問するという実践的な場としてセミナーを開講し、選択必修とする。これにより、国際的に高い水準の研究活動に接する場として位置づけ、国際的にリーダーシップを発揮できる独創的な先端医学の研究者を養成する。
                  専門分野の認定資格(専門医)の取得に必要な診療活動を行うことに対して「実習科目」を開講し、選択科目とする。これにより、臨床の現場で広く求められる応用力を備えた臨床医の養成を図る。
                  7.近隣の医療機関と協定を締結し、近隣の医療機関と協賛して大学院生の教育及び研究指導を行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   大学院医学研究科博士課程(医学専攻)では、優れた研究能力を持つ創造性豊かな研究者と高度な研究能力を備え、その成果を現場で活かせる臨床医学研究者を、各々「研究者コース」と「臨床研究者コース」で養成しています。
                   両コースとも、基本的な授業科目の履修、所属あるいは関連科目の履修を義務付けたカリキュラムにより教育を行い、さらに、副指導教員制を採用することで、基礎・臨床の垣根を越えた指導を受けることを可能にしています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   大学院医学系研究科(医学専攻)は、国際的なリーダーシップと高い倫理観を兼ね備えた、独創的な先端研究を実践する基礎医学研究者または科学的思考力と研究マインドを持つ高度専門医療者を養成します。
                   このため、修了時までに以下の力を備えた学生に学位を授与します。
                  1.生涯学習能力
                    最新の高度先進医療の医学知識・技能を習得するにとどまらず、自己評価能力を身につけ、生涯に亘ってこれらを学習する習慣。
                  2.態度
                    高い研究能力を持って、国内外の社会の様々な分野で中核的人材としてグローバルに活躍できる、豊かな人間性、コミュニケーション能力、情報収集能力及びプレゼンテーション能力をはじめとする情報発信能力。
                  3.研究心
                    多様なキャリアパスの提示により、海外留学、大学、国公立研究所、製薬メーカー等の民間企業で研究を推進することや 病院及び保健所などの臨床現場や医療行政職等で中核的リーダーとなるための研究心。
                  4.国際性
                    国際性を身に付け、これからの国際競争に競り勝つような力量。
                  5.地域貢献
                    即戦力になる高度専門医療者としてのキャリア向上により、各種専門医を取得する等の専門技能能力。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  医学・医師養成課程

                  その他専攻分野