ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

人間総合科学学術院(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

本学は、2020年4月から大学院課程を全面的に改組再編し、全学的な学位プログラム制へ移行しました。
本学の学位プログラムは、学位のレベル(学士・修士・博士)とその種類(研究・専門・専門職)及び分野において、人材養成目的を設定し、どのような能力を習得すべきかを明示し、それを修得するための教育プログラムを体系的に設計しています。そこで学ぼうとする皆さんは、各自がどんな人材になることができるのかを理解し、どんな能力を身につけたのかを教員と確認しながら学修していくことができます。また、85あった専攻を6研究群(専攻相当)に改組したことで、各研究群で共通する基盤科目の設定とともに、従来ならばひとつの専攻のみを担当していた教員が他のプログラムを協働指導できるようになり、学生の皆さんはより幅広い視野のもとで研究することが可能となりました。
全大学院組織をプログラム制に移行した今回の改革は日本初であり、本学はこのシステムを先導するとともに、急激に変化し、複数の領域を踏まえた課題解決が必要とされる現代社会のニーズに対応した、高度かつ多様な人材を今後も養成していきます。

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
人間総合科学研究群 3年 博士(教育学)、博士(心理学)、博士(障害科学)、博士(ヒューマン・ケア科学)、博士(公衆衛生学)、博士(神経科学)、博士(看護科学)、博士(スポーツ医学)、博士(体育科学)、博士(コーチング学)、博士(芸術学)、博士(デザイン学)、博士(世界遺産学)、博士(情報学)、博士(病態機構学)、博士(医科学)、博士(ニューロサイエンス)、博士(パブリックヘルス)
大学体育スポーツ高度化共同 3年 博士(体育スポーツ学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

筑波大学では、各学術院における学位ごとの教育課程編成・実施の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の各学位プログラムのページをご覧ください。

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

筑波大学では、各学術院における学位ごとのカリキュラムマップを定めています。詳しくは「カリキュラム・マップ(大学院課程)」の各学位プログラムのページをご覧ください。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

筑波大学では、各学術院における学位ごとの学位授与の方針を定めています。詳しくは「大学院スタンダード」の各学位プログラムのページをご覧ください。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学不可

転学部・編入学情報補足

情報学学位プログラムにおいては、編入学制度を設けていません。

専攻分野

専攻分野
日本文学
言語学
日本史
文化人類学・民俗学
心理学
コミュニケーション学
図書館情報学
法学・法律学
社会学
教育学(教員養成課程を除く)
数学・情報科学・統計学
化学
生物学・生化学・バイオ
機械工学・自動車工学
電気・電子・通信工学
情報工学・コンピューター
建築学
環境デザイン・都市デザイン
デザイン工学
応用生物学(生物工学)
農芸化学
生命科学
薬科学
看護
介護・福祉
医療・保健・衛生
栄養学
美術
工芸
デザイン
総合科学
総合情報科学
人間科学
体育学・スポーツ科学・健康科学
その他の専攻分野
障害科学
世界遺産学

専攻分野に関する説明