ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  教育実践総合 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <編成方針>
                  以下の方針でカリキュラムを編成します。
                  1.専門分野を超えた学際的視点と俯瞰能力およびバランス感覚を習得するために、研究科共通科目および学修コース共通科目を設置します。
                  2.複雑な現状を分析し、自ら課題を発見し、課題解決のための計画、予測、判断、実行するための知識と技術を身に付けるための専門科目を設置します。
                  3.自らの知識と技術をもとに新たな価値と枠組みを創造していく力を養うための課題研究科目を設置します。

                  <実施方針>
                  以下の方針でカリキュラムを実施します。
                  1.各授業科目のシラバスにおいて、到達目標、授業計画、成績の評価規準、オフィスアワーを告知します。
                  2.履修案内において、各授業の対象年次、必修と選択の別、開講年度を告知します。
                  3.主体性、積極性、責任感の涵養を目指すため、授業形態は、講義のみならず、実技、演習、グループワーク、アクティブラーニング(双方向授業)、ワークショップ、討論といった多様な形式を取り入れます。
                  4.学外の学会発表や研究会への積極的参加を促し、自らの意見を伝える力、批判や疑問に答える力、他者の意見を傾聴する力、などの対話力の育成に努めます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  修士課程において、以下に挙げる能力を身につけ、所定の単位を修得し、審査に合格した者に修士の学位を授与します。
                  1.研究倫理を基盤とした専門分野に関する研究を自立的に推進し、また新たな分野へも意欲的に取り組むことができる能力
                  2.人間としての知性と品格、物事の本質を見極める力、理論を実践につなげる力を身につけ、地域と国際社会の発展に貢献できる能力

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野