ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  比較社会文化学府(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・教育研究の重点を、「社会文化の総合的研究」「自然環境をも含んだ社会文化の総合的理解」「教育研究における「比較」の視座」に置き、方法的特色としては
                  「フィールド主義」「実証主義」「総合主義」を掲げる。また、専門性と学際性・総合性を両立させるため、所属専攻の専門科目と他専攻・他学府の関連科目の履修を
                  ともに修了要件とし、また、複数の教員が担当する授業を多数設置する。
                  ・以上のような方針の下に、以下の授業科目を置く。
                  ①専門性の修得を重視し、各教員の専門分野を教授する「博士演習」を開講する。
                  ②専攻分野ごとに「博士総合演習」を開設し、複数教員による多面的なテーマについて演習を行う。
                  ④「博士特別研究」を開設し、複数の指導教員によるきめ細やかな論文作成指導を行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ○プログラムを修了した学生は、以下のようなことが期待される。
                  ・対象となる地域の調査、資料の収集と分析を通して、文化・社会・自然環境を総合的に理解し、得られた知見を適切に表現できる高度な専門的技能と、自ら問題
                  を発見し解決する能力を身につけていること。
                  ・各専門分野に関連する多様な職業に適応しうる専門知識を有し、自らの文化・社会的背景に自覚的であるとともに、国際的に指導的な役割を果たせる人材となる
                  こと。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野