ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  農学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  生物資源学科 4年 学士(農学)
                  食料生産学科 4年 学士(農学)
                  生命機能学科 4年 学士(農学)
                  生物環境学科 4年 学士(農学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <教育内容>
                   各学科で食料,生命,環境に関する専門知識と技術を習得するにあたって,農学に関する広範で俯瞰的な知識と技術も同時に必要不可欠であるという考え方から,学部共通科目として,必修7単位,選択9単位の授業科目を開講しています。また,2年次よりコースに分属しますが,学科共通の授業科目も開講しています。また,1年次には農学実習を必修とし,各学科の知識を深めるとともに技能技術の基礎を身に付けます。さらに,卒業論文の開始時期を3年次後期とし,デザイン能力を修得します。

                  <教育方法>
                   講義形式の授業だけでなく,実験・実習等のアクティブ・ラーニングを取り入れます。また,すべての授業において授業時間外の学習を含む十分な学習時間を確保します。

                  <教育評価>
                   すべての授業において客観的な評価基準(試験,レポート等)に基づいて厳格な成績評価を行います。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  <農学部の教育理念と教育目的>
                   農学部は,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する専門知識・技術を修得させ,地域的な視点と国際的な視野から食料,生命,環境に関する様々な問題を解決し,自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる人材を育成することを教育理念とします。
                   また,農学領域における様々な研究及びそれらの成果を基に,食料,生命,環境に関する専門的知識・技術を学生に修得させ,自然と人間が調和する循環型社会の創造に貢献できる専門職業人や技術者を養成することによって,地域社会や国際社会における産業の発展と文化の進展に貢献することを目的とします。

                  <育成する人材像>
                   愛媛大学の基本理念に基づいて,「学生中心の大学」として学生の多様な志向性を尊重した農学教育を提供することにより,生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する様々な問題を解決し,自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる人材を育成します。
                  (知識・理解)
                   生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給,生命機能の解明と生物資源の利用,生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関するいずれかの専門知識と技術を修得している。
                  (思考・判断)
                   地域社会や国際社会における食料,生命,環境に関連する諸課題の原因を論理的に説明でき,解決策を見出すことができる。
                  (関心・意欲,態度)
                   上記の諸課題を解決するため,主体性,協調性および高い倫理性をもって,自律的・継続的に行動することができる。
                  (技能・表現)
                   自らの論理的な思考・判断のプロセスや結果を説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を修得している。

                  <卒業認定・学位授与> 
                   愛媛大学に4年以上(学士2年次編入生では3年,3年次編入生では2年以上)在学し,農学部規則に定められた単位数を修得した学生に対して,卒業を認定し学士(農学)の学位を授与します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可30,000円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足

                  上記は検定料です。
                  その他詳細については農学部学務チーム(TEL:089-946-9806)に問い合わせてください。
                  上記の内訳は,入学料282,000円,検定料30,000円となります。
                  その他詳細については募集要項を参照してください。

                  専攻分野

                  その他専攻分野