ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成以外)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  人間発達科学課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   卒業の要件としては、一般教養科目として位置づけられる教養教育科目群と本学部で開講される専門教育科目群の履修が必要です。教養教育科目群は、教養基盤科目・教養統合科目からなり、社会人になる上での一般教養を養うとともに、専門科目を受講する上での基礎科目群となります。卒業に必要な専門教育科目群はコース毎に指定されており、その中には、各コースの専門分野に応じた科目を主として、自由選択科目や卒業研究も含まれます。自由選択科目の履修は、高度な専門的知識のみならず、教育学部における分野の多様性という特色を生かして、他分野の知識に触れることができることを意図して設置されています。卒業研究は、それまでに履修した各専門分野の知識・技術を基にして、設定したテーマについて深く研究する機会となります。指導教員の指導の下で研究テーマに取り組み、最終的に、卒業論文・ゼミとしてまとめます。
                   日本語を母国語としない外国人に日本語を教えるには、語学指導力だけでなく、そだった文化の違いに配慮する繊細さが求められます。本学部の日本語教育コースでは、こうした総合力のある日本語指導人材の養成に努めています。また、本学部では、海外の大学と提携しての語学研修・交換留学など、国際的な視野をもつ教員養成に力を入れています。なかでも、天津師範大学とは、両大学に併せて5年間在学することにより、両方の大学の学位が取得できるというダブルディグリー制度がはじまっています。
                   本学部においては、各分野の専門的知識と専門分野以外の多様な教育分野の授業を融合させることで、社会で活躍するために必要とされる広い視野・思考の柔軟性・コミュニケーション力を養うことができます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  ・教育をめぐる現実的課題について、専門的知識に基づいて適切な対応を考えることができる。
                  ・教育に関する課題を意識した実践を企画・運営し、関係者と協力して問題解決に取り組むことができる。
                  ・教育に関わる職業人に求められる使命感・責任感を持ち、異文化、多世代の人と連携・協力することができる。
                  ・自律的な学習者として、主体的に学び、振り返ることができる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野