ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  人文社会科学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  臨床人間科学 2年 修士(臨床人間科学)
                  比較地域文化 2年 修士(文学)
                  経済 2年 修士(経済学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  人文社会科学研究科は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施する。

                  ■各専攻に共通して求められる資質・能力
                  1. 教育研究の分野と領域
                  人文社会科学研究科は、「臨床人間科学専攻」「比較地域文化専攻」「経済専攻」という3つの専攻を設け、具体的には、それぞれ以下のような対象と課題について教育・研究を進める体制を構築している。
                  「臨床人間科学専攻」は、「臨床心理学コース」「ヒューマン・ケア学コース」「共生社会学コース」という3つの研究指導分野を設け、実践的に活動しうる高度専門職業人を養成するという観点から、臨床人間科学の総合的な学習と研究を通じて幅広い教養を提供すると同時に、高度な調査・研究の能力、援助実践の専門的な技能などを培っている。
                  「比較地域文化専攻」は、哲学・文化人類学・歴史学・文学・言語学といった伝統的な学問分野を組み換え、「哲学芸術文化論」「文化人類学」「歴史文化論」「国際言語文化論」「比較言語文化論」の5つの研究指導分野を設け、広範な文化現象を総合的に把握することを目指している。
                  「経済専攻」は、「国際経営」並びに「地域公共政策」という2つの研究指導分野を設けている。「国際経営」は国際的視野に立った企業経営戦略の分析・立案・応用能力を育成することを、「地域公共政策」は地域の産業・行政・経済生活に対する総合的判断・政策立案能力の涵養を目指している。

                  2. 科目編成
                  上記の各専攻すべてにおいて、大学院生の問題意識をふまえ、研究課題の設定・資料収集・データ処理や実証・考察と結論といった学問的プロセスを着実に進めることができるように、指導教員と副指導教員をおき、次のような科目編成を設けている。
                  修士論文作成のために指導教員の学問的指導を受ける「特別演習」4単位(「経済専攻」は8単位)を含む6-14単位を必修科目とし、専門能力を高めるために10単位以上(「比較地域文化専攻」は16単位以上)を選択必修科目とし、本研究科において開講される科目の中から2単位以上を自由科目として履修し、その上で大学院生が自らの力で修士論文を作成するように科目を編成し実施している。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ■臨床人間科学専攻
                  臨床人間科学専攻は,保健・医療・福祉・教育・行政・NPO・市民運動などのヒューマン・サービスや社会政策の分野で,ケア・援助・支援・政策のあり方を探り実践的に活動しうる人材,すなわち,高度専門職業人の育成を目指しています。そのため,臨床人間学・臨床心理学・臨床社会学など広義の臨床人間科学の総合的な学習と研究を通じて,幅広い教養を身につけると同時に,援助実践の専門的な技能,および調査・研究の能力を養います。

                  ・臨床心理学コース
                  広義の心理臨床に従事する高度専門職業人として,目前の課題に適切に対処する実務能力と感受性と倫理,および自らの実践の成果と効果を適切に把握し,より適切な臨床実践を提言していくための研究能力とをバランス良く兼ね備えた人材の養成をめざします。また,本コースは「臨床心理士」の養成課程にも対応しています。

                  ・ヒューマン・ケア学コース
                  人間を相手にするケア(対人援助)には,医療・看護・保健・福祉・介護・育児支援・教育などさまざまな分野がありますが,いずれの分野においても,個人の「いのち」と「こころ」の問題にとどまらず,身体・精神・社会・文化にも繋がりをもった「いのち」と「こころ」を総合的に考えることが必要となります。その意味での人間の全体性を視野に入れた「ヒューマン・ケア」のあり方を探り実践的に活動しうる高度専門職業人の育成をめざします。
                  看護師・保健師・福祉士・保育士・教員・社会教育主事・薬剤師・作業療法士・理学療法士・精神保健福祉士・介護福祉士・ケアマネージャー・ホームヘルパー・ボランティア活動への参加者・NPO法人関係者・地域福祉やケアの活動を企画されている方・企業の健康管理責任者・保健衛生行政担当者といった方々のリカレント教育にも,積極的に対応しています。

                  ・共生社会学コース
                  現代は,人と人,人と自然の共生について,深く考えなければいけない時代です。しかし,環境問題,階層間格差の問題をはじめとして,一見人と人の問題のように見えるひきこもり,不登校,出産育児,家族,ジェンダー,労働(仕事),在日外国人などの問題も,その社会的構造,制度的な背景を理解しなければ,十全な対応はできません。そこで,共生社会学コースでは,「社会調査」を武器にして,こうした問題群が生み出される社会的背景,要因について解明する能力を徹底的に磨くことによって,問題状況を改革していく実践的な糸口を見いだす力を養うことをめざします。すなわち,行政・企業・教育・福祉・NPOなどの現場で働くための高度な専門能力を身につけたい方,また現場の問題をコースの教員とともに解明したいと考えている社会人の方に応じた教育体制を整備しています。
                  なお,その一環として,「専門社会調査士」資格が取得できるプログラムもスタートさせました。

                  ■比較地域文化専攻
                  現代は科学技術の急激な進歩とグローバリゼーションによって、国家・地域・民族・宗教・言語・文化等々がぶつかり合う、かつてない混迷の時代を迎えています。人類がこれまで経験したことのない諸問題を解決するには、哲学・文化人類学・歴史学・考古学・文学・言語学等の人文学の長い伝統によって得られた成果をふまえ、さらにそれを発展させる叡智を獲得する必要があります。比較地域文化専攻はこれらの学問を現代的課題に適応させるべく組み替えられた5つの研究指導分野から形成され、徹底した少人数指導を通じて、高度で専門的な分析能力・応用能力を養う教育を行っています。さらに個別領域を越えた学際的・総合的な学習を通じ、広い視野と実践的学識・素養を持つ高度専門職業人の養成を目指しています。地域の課題にリーダーとして積極的に取り組み、地球の未来にも関心をもつ人材、分裂と衝突の時代を、共生と調和の時代に変えていく人材の育成が本専攻の最大の目的です。

                  ■経済専攻
                  経済専攻は、経済学・経営学分野における高度で専門的な分析能力・応用能力をもつとともに、これらの個別領域をこえた学際的・総合的な実践的学識・素養をもつ人材の養成を教育方針とし、以下の研究指導分野を置いています。
                  なお、静岡県立大学大学院経営情報学研究科との特別聴講学生制度があり、同研究科で開講される講義が単位認定されます。

                  (1)国際経営
                  企業経営のグローバル化・情報化に伴い、現代企業をとりまく国際経済環境を総合的に理解し、経営管理・企業情報などに関する諸問題を解決する能力が求められています。本分野では、国際社会や高度情報化社会における企業経営の実態を把握し、国際的視野に立った企業の経営戦略を立案するなどの高度な分析能力・応用能力を有する人材を育成します。

                  (2)地域公共政策
                  地域の行政需要の高度化や個性化の要請に対応して地域の経済政策の面でも刷新や個性化が求められています。本分野では、地域の産業・行政・経済生活に関する諸問題を実践的かつ体系的に学ぶことにより、地域経済に関する総合的判断能力や政策立案能力をもつ人材を養成します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  人文社会科学研究科は、「臨床人間科学専攻」「比較地域文化専攻」「経済専攻」という3つの専攻を設けており、具体的には、以下のような能力を修得した者にそれぞれ修士(臨床人間科学)、修士(文学)、修士(経済学)の学位を授与する。下記に示すそれぞれの資質・能力を身につけていることを学位授与の条件とする。

                  ■各専攻に共通して求められる資質・能力
                  1. 専門基礎能力
                  人文社会科学に関する高度で専門的な研究を展開する上で必要となる幅広い教養と深い知識、学問的な方法論を正確かつ体系的に理解し、身につけている。
                  2. 研究遂行能力
                  人文社会科学の専門領域における今日的課題に対して、先行研究の的確な整理と自らの問題意識に基づいて、研究を遂行することのできる能力を有している。
                  3. 専門応用能力
                  人文社会科学に関する各領域を総合的に把握しながら、現代社会が抱える様々な問題を解決できるように、専門的な知識や方法を応用し、実際に活かす能力を有している。
                  4. 社会への発信と貢献
                  人文社会科学の各領域において異なる見解を尊重しながら、他者と積極的に意見を交換することを通じ、自らの研究成果を社会に発信する能力をもち、職業人としての資質を備えている。

                  ■専攻ごとに求められる資質・能力
                  「臨床人間科学専攻」は、多様な文化・社会構造、倫理や法・制度を踏まえ、社会的問題解決に寄与する実証的研究を遂行する能力を修得した者に修士(臨床人間科学)の学位を授与する。
                  「比較地域文化専攻」は、地域社会と国際社会の両方に通用する広い視野と自立した思考能力を有し,過去から現代への歴史を踏まえて未来への展望を切り拓く力と、学位にふさわしい分析力と応用力を修得した者に修士(文学)の学位を授与する。
                  「経済専攻」は、経済学・経営学に関する専門的知識に基づき、現実の経済情勢、企業経営に対して学際的・総合的な分析と政策・戦略提案を行うことができる能力を修得した者に修士(経済学)の学位を授与する。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野