ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  工学部

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  機械工学 4年 学士(工学)
                  電気電子工学 4年 学士(工学)
                  電子物質科学 4年 学士(工学)
                  化学バイオ工学 4年 学士(工学)
                  数理システム工学 4年 学士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  工学部は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、下記の方針に従って教育課程を編成し実施する。

                  1. 国際感覚と問題発見・解決能力、視野の広さ、思考の柔軟性を身につけるための現代教養科目をおく。また、社会人として必要とされる基本的技能・素養・実践力を身につけるための基軸教育科目をおく。
                  2. 理系基礎科目(数学、物理学、化学、生物学)を設け、数学は必修とし、物理学、化学、生物学に関しては、主要2分野を定め、講義と実験でそれらの知識を修得するように科目を設定する。
                  3. 各学科の専門知識を講義、演習、実習・実験により学ぶ専門科目を系統的に学年配置する。さらに、所属学科以外の工学分野の知識を修得するために、他学科の概論を学ぶこととする。
                  4. 創造性、自ら学ぶ能力、研究遂行能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などを育成するために、1年次では学科混成グループ単位で「ものづくり」を実習する科目を設定し、4年次では科目「卒業研究」を課す。
                  5. 教育課程は不断の自己点検・評価及び定期的な外部認証機関等の評価に基づき改革・改善を行う。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  工学部のカリキュラムの特長
                  1.静岡大学の全学生は、在学中や卒業後に必須となる基本的スキル・素養・実践力・幅広い教養などを身につけるため、全学教育科目(教養科目)を学びます。
                  2.静岡大学工学部の教育の特長の一つとなっている創造教育(工学基礎実習・創造教育実習)は、1年生全員に対し学科混成のクラス編成で実施され、2年生以降に専門科目を学ぶ動機付けを行います。 ものづくりに関する知識やスキルはもとより、チームワークやコミュニケーションといった人とのつながりを学ぶことが出来ます。
                  3.学部共通教育として、理系基礎科目(数学、物理、化学、生物)およびマネジメント能力育成科目(経営システム工学、技術とマネジメント、安全工学)があります。
                  4.各学科の学問の概要を紹介する概論の授業があります。自学科の概論だけでなく他学科の概論も履修することで、エンジニアとして幅広い知識や視野を持つことができます。
                  5.専門科目は、学科共通の専門科目とコース毎に設定された専門科目があります。
                  6.2年次あるいは3年次初めにコース分けを行います。コース分けの前は、教養科目、理系基礎科目、概論、各学科の共通専門科目の一部を履修し、コース分けの後は学科共通専門科目、各コースの専門科目により各自の専門を深く学びます。4年次の卒業研究ではコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、 自ら学ぶ能力、創造性、研究遂行能力などを養うことができます。そして、大学院修士課程に継続する教育が行われます。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  工学部の教育目標は「豊かな教養と感性および国際的な感覚を身につけ、多様化する社会に主体性を持って柔軟に対応し、独創性に富んだ科学技術を創造する人材の育成」である。それを受けて、下記に示す資質・能力を身につけていることを学士(工学)の学位授与の方針とする。

                  1. 豊かな教養と国際感覚を身につけており、多様化する社会の諸問題を主体的に解決できる基礎能力を身につけている。
                  2. 工学を支える理系の基礎科目を学んだ上で、高度な専門知識や最先端の技術を修得しており、自己学習により発展できる資質・能力を身につけている。
                  3. 工学の特定専門分野だけでなく他の幅広い分野についても知識を有することにより、工学全般に渡る複合的な諸問題にも果敢に取り組める能力を有する。
                  4. 工学分野の課題探求・解決、創造のための実践能力、コミュニケーション能力と表現力を身につけている。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野