ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(保健学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学 4年 学士(看護学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.生命を尊び、人間についての幅広い知識を身に付け、対象を全人的に理解して、人々の健康と生活を支援することができるよう、「新入生ゼミナール」、「環境科学群」などの共通教育科目や、「健康科学概論」、「リハビリテーション概論」、「生命倫理学」、「臨床心理学」などの保健学科共通科目を設置している。専攻専門科目としては、「人体の構造と機能Ⅰ(解剖学)」、「人体の構造と機能Ⅱ(生理学)」、「人体構造機能学実習」などの授業を通して全人的な視点を修得する。

                  2.保健・医療において生じている現象を分析し、健康問題を解決するために必要な科学的根拠に基づいた判断の進め方について理解することができるよう、「公衆衛生学」、「医療社会学」、「保健・医療・福祉政策論」などの保健学科共通科目を設置している。専攻専門科目としては、「人体の構造と機能Ⅲ(症候学)」、「臨床診断治療学」、「看護学概論」、「成人看護学概論」、「成人看護健康論Ⅰ・Ⅱ」、「老年看護学概論」、「小児発達看護学概論」、「小児発達健康論」、「母性看護学概論」、「母性看護健康論」、「精神看護学概論」、「精神看護健康論」、「実践保健統計」などの授業を通して、看護および保健・医療の基礎としての概念を学ぶ。

                  3.保健・医療の専門職者として必要な感性を磨き、基本的知識・技術を獲得して、さまざまな状況で活用できるよう、「生化学」、「栄養学」、「病理病態学」、「微生物と感染」、「遺伝と病気」などの保健学科共通科目を設置している。看護専攻専門科目としては、人体の解剖や生理に関する基礎科目、「薬理学」に加え、「看護学概論」、「コミュニケーション方法論」、「看護方法論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」、「看護管理論」、「成人看護方法論Ⅰ・Ⅱ」、「がん看護」、「老年看護方法論Ⅰ・Ⅱ」、「小児発達看護方法論」、「母性看護方法論」、「ヒューマン・セクシャリティ」、「親子関係論」、「精神看護方法論」、「在宅看護学概論」、「在宅看護方法論」、「公衆衛生看護学概論」などの各看護領域の科目および関連領域の医学的知識を修得する科目、並びに「看護学実習」、「統合実習」を通して、看護師としての知識・技術を修得する。
                   また、さらに選択によって、「公衆衛生看護支援論Ⅱ・Ⅲ」、「学校・産業看護論」「疫学・保健統計」並びに「公衆衛生看護学実習」等を行うことにより保健師としての知識・技術を修得し、「助産学概論」、「助産診断・技術学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ」並びに「助産学実習Ⅰ・Ⅱ」等を行うことにより助産師としての知識・技術を修得する。

                  4.保健・医療・福祉の現場において、専門職者として自己の責任を自覚し、チームの一員として協働活動に参加できるような能力を修得するため、「新入生ゼミナール」などの共通教育科目や、「チーム医療演習」などの保健学科共通科目を設置している。各領域での看護の専門知識・技術の修得と共に専門職者としての自己責任やチームの一員としての協働活動の理念と実際について学ぶ。

                  5.文化の多様性を理解し、国際的視野に基づいた保健・医療活動の必要性とその方法を理解できるよう、「人文科学群」「社会科学群」などの教養科目や、「国際医療協力論」などの保健学科共通科目を設置している。看護学専攻専門科目としては、「国際看護論」などを通して、国際的な視野に基づいた保健・医療活動について考究する。

                  6.多くの学問分野に接して幅広い教養と探求的、創造的思考を身に付け、保健・医療の専門職者として必要な学習課題や目標を自ら設定し、常に課題の克服や目標達成に取り組むことができるよう、さまざまな教養科目を設置しており、選択することができる。また看護学専攻専門科目としては「看護研究概論」、「看護教育学」、「看護研究Ⅰ・Ⅱ」などを通して、主体的な問題解決能力を修得する。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   信州大学医学部保健学科の理念と目標に則り、以下の知識と能力を十分培った学生に「学士(看護学)」又は「学士(保健学)」の学位を授与する。

                  1.生命を尊び、人間についての幅広い知識を身に付け、対象を全人的に理解して、人々の健康を支援することができる。
                  2.保健・医療において生じている現象を分析し、健康問題を解決するために必要な科学的根拠に基づいた判断の進め方について理解することができる。
                  3.保健・医療の専門職者として必要な感性を磨き、基本的知識・技術を獲得して、さまざまな状況で活用できる。
                  4.保健・医療・福祉の現場において、専門職者として自己の責任を自覚し、チームの一員として協働活動に参加できる。
                  5.文化の多様性を理解し、国際的視野に基づいた保健・医療活動の必要性とその方法を理解できる。
                  6.多くの学問分野に接して幅広い教養と探求的、創造的思考を身に付け、保健・医療の専門職者として必要な学習課題や目標を自ら設定し、常に課題の克服や目標達成に取り組むことができる。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料 30,000円
                  入学料 282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野