ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

医学部(医学科)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
医学科 6年 学士(医学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

<プログラムの到達目標>
•患者・家族及び医療従事者間で適切なコミュニケーションをとることができる。
•医学に関する知識を有し実践に応用できる。
•患者・利用者の価値観や背景を理解し、個別性を尊重できる。プロフェッショナルにふさわしい倫理観をもち、礼節ある態度を示すことができる。
•基本的な診療を指導医の監督下で実践できる。
•保健・医療・福祉に関する制度や業務を理解し、その改善に貢献できる。
•国際的な視野をもちつつ、地域の実情に合った医療を実践できる。
•基礎・臨床研究に興味をもち、自ら問題を発見し、論理的思考で問題解決をはかることができる。
•生涯にわたり自ら学ぶ態度をもち、自己研鑽を続けることができる。

<プログラムの履修要件>
•高等学校卒業レベルの基礎学力を十分に有する人
•医学を学ぶ上で重要な科目への高い理解力と応用力を有する人
•良き医療人・医学者になるための強い学習意欲と科学的探求心を有する人
•協調性に富み,豊かな教養と人間性を有する人
•広い視野を有し,積極的に行動できる人

<カリキュラム立案と学修方法についての基本方針>
医学科の教育理念と教育目標に基づき、学位授与の方針に合致した人材を育成するために、共通教育科目と専門教育科目を体系的に編成し、能動的学修(アクティブ・ラーニング)の機会を全学年で設けると共に、先端医学、社会的要請、国際基準に対応する教育課程を編成・実施する。
1.初年次教育では、幅広い知識・教養と専門教育科目修得の基本的能力を培う共通教育科目と、医学に対する動機づけやキャリアについて学ぶ専門科目を開講する。
2.基礎医学教育では、講義、実習を組み合わせた体系的な課程に加え、臨床医学との接点となる統合科目や、医学研究に触れる医学研究実習を開講する。
3.臨床医学教育では、病態・疾患を臓器別に学ぶ課程を終えた後に、新潟大学医歯学総合病院と近隣の基幹病院等で組織される臨床教育協力施設においてプライマリ・ケアから高度先進医療までを医療チームに参加して学ぶ診療参加型実習を開講する。
4.国際的感覚を有したリーダーを育成するため、医学英語教育の推進と共に、医学研究実習や臨床実習を海外施設で行う機会を設ける。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

教育内容のポイントは次のとおりです。
•全学年で、自ら考え学ぶ少人数教育システム(チュートリアル)を採用
•病院実習の前に、診察に必要な態度・知識・技能を身につける臨床実習入門(2ヵ月)
•先端の医学研究を体験する医学研究実習(2ヵ月)
•医学研究あるいは病院実習での短期海外留学(2~3ヵ月)
•地域医療を体験する地域医療実習(1週)
•指導医のもと主治医の一員として医療を学ぶ医療実践型病院実習(クリニカル・クラークシップ)(3ヵ月)

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

<プログラムの人材育成目標>
1.豊かな人間性と高い倫理性を備え,全人的医療に貢献できる人材の育成
2.高度の専門性を持つ医療チームの一員として貢献できる人材の育成
3.広い視野と高い向学心を有する医学研究者・教育者となり得る人材の育成
4.保健,医療,福祉,厚生行政に貢献できる人材の育成
5.地域の医療に貢献するとともに,国際的に活躍できる人材の育成
6.探究心,研究心,自ら学ぶ態度を生涯持ちつづける人材の育成

<プログラムの修了認定(学位授与)の基準>
医学科では,所定の年限在学し,医学科の教育理念「医学を通して人類の幸福に貢献する」に基づき定められた全科目に合格し,科学的姿勢,コミュニケーション能力,人間性,社会性などの医に求められるプロフェッショナリズムを十分に身につけた学生に学士(医学)の学位を授与する。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

検定料:30,000円
入学料:282,000円
授業料:535,800円

専攻分野

専攻分野に関する説明