ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(学校教員養成課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  学校教員養成課程 4年 学士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  プログラムの到達目標(期待される学修成果)
                  1.知識・理解
                  (1) 自分の専門分野を越えた幅広い知識・視野と深い教養を身につける。
                  (2) 初等教育・中等教育・特別支援教育における各教科の基礎的知識および理論・技術を身につける。
                  (3) 初等教育・中等教育・特別支援教育に関わる教育者として、信頼できる倫理観をもつ。
                  (4) 初等教育・中等教育・特別支援教育が社会的にもつ公的機能に関する知識と理解を得る。
                  (5) 幼児・児童・生徒に関する総合的な理解と、初等教育・中等教育・特別支援教育における教育課程に関する専門的知識・理解を得る。
                  (6) 修得した専門知識および周辺領域の知識・技能を現場で適切に応用・駆使し、実務上の問題点を見つけ出し、解決策を考えられる。
                  2.当該分野固有の能力
                  (1) 初等教育教員・中等教育教員・特別支援教育教員としての基礎的素養を担保し、教育の本質に関する学習を通じて、現場に基礎知識を応用できる能力を涵養 する。
                  (2) 幼児・児童・生徒の発達や実態を理解し、幼児・児童・生徒に関して順応的に問題を考えることができる。
                  (3) 学校や教育の現状および教育の今日的課題について分析することができる。
                  (4) 授業計画を設計し、授業を実施するとともに、そのあり方を見直す能力をもつ。
                  3.汎用的能力
                  (1) 基礎的な英語能力をもつこと、および言語学習を通じて英語圏以外の異文化を理解することで、他者・他国の立場から物事を考える能力を涵養する。
                  (2) 様々な課題に対して専門分野および周辺領域の知識・技能を駆使して、多面的に思考し、解決策を考えられる。
                  (3) 課題を探求し、その結果を公開できる論理展開力とプレゼンテーション・論議能力を身につける。
                  (4) 創造性と応用力に富み、課題探求のために必要な理論や技術を体系立てるデザイン能力をもつ。
                  4.態度・姿勢
                  (1) 新しい知識・技能を積極的に学び、広く世界で活躍できる。
                  (2) グループワークを通して連帯する精神を養い、社会の一員として貢献できる資質を備える。
                  (3) 専門分野および周辺領域の知識・技能を生かし、さまざまな課題の解決策を考えぬくことができる。
                  (4) 幼児・児童・生徒の安全性について絶えず配慮しながら教育活動をおこなうことができる。

                  プログラムの履修要件
                  •幅広い分野にわたり、高校卒業レベルの学力を確実に修得している。
                  •専門科目の学習に必要な、高校卒業レベルの基礎学力および基礎的実技能力を有する。
                  •通常の人間関係に必要なコミュニケーション能力を備えている。
                  •学校教育に対し熱意と関心をもっている。
                  •初等教育教員・中等教育教員・特別支援教育教員になることを目指している。

                  カリキュラム立案と学修方法についての基本方針
                  •育成する人材とその到達目標を多角的・総合的に検討し、7本の柱を立てた。この7本を、そのまま科目群(キャリア教育科目群、教育科学科目群、教育心理・カウンセリング科目群、教育実践科目群、教育方法科目群、教育内容科目群、教養教育科目群)とした。
                  •教育実践科目群を中心に配置し、これを両翼の理論的な科目群(キャリア教育科目群、教育科学科目群、教育心理・カウンセリング科目群と教育方法科目群、教育内容科目群、教養教育科目群)が支える形をイメージした。
                  •教育実践科目群は、いわゆる「4年一貫の教育実習」として、各学年にバランスよく設定した。
                  •専門教育に関する授業科目と教養教育に関する授業科目のバランスを考慮した。
                  •卒業研究(卒業論文、卒業制作等)を必須とし、確固とした専門的力量の育成を考慮した。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  実践的な能力を育成するために、学校教員養成課程においては本実習である2年次の「観察参加実習」、3・4年次の「教育実習」を補強する形で、1年次の「入門教育実習」、1・2年次の「フレンドシップ実習」、3・4年次の「学習支援ボランティア」、4年次の「研究教育実習」が配置され、体験的カリキュラムとともに「4年一貫」の教育実習が組まれています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  総合大学としての新潟大学で学ぶ利点を活かし、初等教育教員として必要とされる基礎的な知識・技能・態度に加えて、広い視野と豊かな教養をもち、本学の理念である自律と創生の精神に富んだ人材の育成を目標とする。本プログラムの修了者には、教育職員免許法で定める小学校教諭一種免許状を取得できる資格が与えられる。修了者は新潟市をはじめとする新潟県内や隣接自治体において、人格・能力ともに優れた初等教育教員として活躍することが期待される。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野