ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

農学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
農学科 4年 学士(農学)
農業生産科学科 4年 学士(農学)
応用生物化学科 4年 学士(農学)
生産環境科学科 4年 学士(農学)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

<教育課程の共通的な特徴>
農学部では,教育課程として1年次に主として教養教育・語学教育と農学分野の学部共通基礎科目(入門科目)を履修する。1年次後半から2年次前半にかけて学部共通基礎科目としての主題科目を履修し,2年次前半終了後に主専攻プログラムを選択する。そして,2年次後半に専門基礎科目を履修し,3年次以降は専門科目が中心となる。
農学部では,多様化する社会の要請に柔軟に対応し得る素養と国際的な視野を身に付けた,農学分野の幅広い知識と技術を備えた農学系人材を育成するため,以下の特徴をもった教育課程を編成する。
・世界・社会・文化・自然についての幅広い知識を身につける教養教育に関する科目,農学に関わる基本的知識を身につける農学部共通基礎科目(入門科目,主題科目),特定分野の力を伸ばす専門基礎科目,専門科目を適切に配置し,初年次教育から卒業研究に至るまでの教育課程を体系化する。
・1年次から2年次前半に農学全般を学ぶ学部共通基礎科目を設定し,本学部で学ぶ意識を醸成する。
・課題解決力や就業力の基礎を身に付けるため,大学学習法,就業力育成科目を初年次に配置する。また,それぞれの主専攻プログラムにおいて,2,3年次にもアクティブラーニングの手法を取り入れた演習,実験・実習科目を配置する。
・各主専攻プログラムへの配属は2年次後半からであるが,それまでに幅広い分野の教育・研究に触れつつ,社会意識を深め,社会的要請を的確に認識しながら,自らの興味・関心と能力・適性等に基づいて主専攻プログラムが選択できる。
・各主専攻プログラムが掲げる教育目標に照らし合わせ,必要に応じて他主専攻プログラムの講義科目も含めて学生が自らの学修をデザインする。
・卒業論文研究については,自らの所属する主専攻プログラムの総仕上げとなるべくテーマが選択できる。
・高度職業人の育成のため,学年進行に対応した就業力育成科目を配置する。
・グローバル人材育成のため,英語で開講する科目や英語でのプレゼンテーションスキル獲得,海外語学研修などのグローバル科目を積極的に導入する。
・農学部と理学部が共同で設置する学部横断型主専攻プログラムでは,農学部,理学部に加えて大学の附置研究所も積極的に教育に参加する。
・専門職業人・研究者の育成のため,大学院への接続をふまえた教育課程を編成する。

<学部で,共通的な教育課程の編成方針>
農学部では,学部共通教育の充実により本学部に入学した学生の学修や,進路の柔軟性を保証できる体制をとる。まず,1年次から2年次前半にかけて農学部共通基礎科目を開設し,農学について幅広く学修する機会を提供する。入学後すぐに入門科目を必修科目として履修させ,本学部で開設している各主専攻プログラムの概要を知ってもらう。1年次の後半から2年次の前半にかけて6つの主題科目を選択必修科目として配置する。この主題科目群は主専攻プログラムの枠に捉われることなく,食料,生命,環境,食品をキーワードに,農学分野のトピックスについて解説する科目となっている。また,2年次前半には「基礎農林学実習」を必修として課し,農学部附属フィールド科学教育研究センターを活用した実習を通して,農林業の生産現場での課題探求に臨む。合わせて,地域と連携した就業力育成科目を各学年に配置し,就業力を段階的に育成できるようにする。
このように,学部共通教育を充実させることにより,学生は農学の幅広い分野を多面的に捉える視点を養うことができ,農学人材としての基盤形成を図りつつ,2年次後半からの主専攻プログラム選択の一助とすることができる。

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

新潟大学農学部は「生命(いのち)」の尊さを基本におき、「食料」と「環境」に関する総合的な教育と研究を行います。そのために、幅広い基礎学力と総合的応用力を育み、問題解決能力と倫理観を有する人材を育てます。
4年の在学期間全体で一貫した学士課程教育カリキュラムを提供します。
カリキュラムは、全学共通の目標に学部独自の教育目標を加えて、「教養教育に関する授業科目」と「専門教育に関する科目」を有機的に統合しています。時代の要請に合った5つの主専攻プログラムを設置しています。
<充実した実験・実習・演習>
新潟大学農学部では、非常に多くの実験・実習・演習をカリキュラムに組み込んでいるのが特徴です。知識だけではなく、高度な実験方法を学び、最新の農業技術を身につけ、多様な自然の中を駆けめぐる学生を育てます。
・幅広い教養教育に専門教育を有機的に結合させ、食料・環境・バイオテクノロジーに関する総合的な教育を実践しています。
・企業や研究機関等で実習や見学を行う「地域交流サテライト実習」,「インターンシップ」等の体験型キャリア教育プログラムを実施しています。
・フィールド科学教育研究センターや地域連携フードサイエンス・センターを活用した幅広い専門教育を実施しています。
・専門の資格取得への対応と技術者教育プログラムの認証によるグローバル・スタンダードを採用しています。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

農学部では,それぞれの主専攻プログラムの教育課程の中で,共通して以下の能力を養成する。
•創造性豊かで広い視野を持てる。
•農学部分野の幅広い基礎学力と総合的応用力を発揮する。
•高い倫理観を持って多様化する社会の要請に柔軟に対応できる。

これらの能力を含む形で定められている各主専攻プログラムの修了認定の基準を満たした者に,学士の学位を授与する。

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部0円
編入学312,000円

転学部・編入学情報補足

検定料
 金額:30,000円
 支払期日:出願受付期間の最終日
入学料
 金額:282,000円
 支払期日:入学手続期間の最終日

専攻分野

専攻分野
農学
農芸化学
農業工学・農業土木
農業経済学
森林科学
生物生産学・生物資源学
畜産学・動物学

専攻分野に関する説明