ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  大学院教育学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  障害児教育専攻 2年 修士(教育学)
                  教科教育実践専攻 2年 修士(教育学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  1.教育諸科学に関する教育・研究
                  2.特別支援教育,教科教育に関する実践的な教育・研究及び各教科の基盤となる様々な学問に関する教育・研究

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ●障害児教育専攻のカリキュラムの枠組み
                  1.障害児教育専門科目は高度の実践力を培う実践領域とそれらを支える専門性を養う基礎領域とに区分されています。
                  2.基礎領域では、教育学、心理学、医学の側面から障害児の発達や教育の問題にアプローチします。実践領域では、発達診断法、認知、感覚・知覚、運動、コミュニケーションなど発達の諸側面に焦点を当てた支援法、軽度発達障害児や重複障害児の支援法、幼児から成人まで含めた障害者の福祉のあり方、障害児教育における授業作りや医療的ケアなど、障害児教育の個別的課題にアプローチします。

                  ●教科教育実践専攻のカリキュラムの枠組み
                  各専修の主要科目は、「教科教育に関する科目」「教科内容に関する科目」「授業実践に関する科目」「特別研究」の4区分とし、全専修の共通科目として「学校教育・特別支援教育に関する科目」「自由選択科目」を設定しています。

                  1.「教科教育に関する科目」
                  当該教科の本質に関わる授業科目、当該教科のカリキュラムや教材の開発に関わる授業科目、当該教科の教育実践に関わる授業科目(学習過程、指導計画、指導方法、評価方法等)の3つから編成しています。
                  2.「教科内容に関する科目」
                  学校教育で実施されている当該教科の全ての内容について再確認するとともに、その背景にある事実や根拠となる理論的裏付けを深く学修します。理論を土台として開花した知識理解の感激が授業実践力に反映され、授業実践力の基盤が培われると考えます。技能それ自体の専門性の向上が欠かせない芸術科目や、観察・実験・製作等の技能の向上が必要な専修においては、技能の向上を図る授業科目を設定しています。
                  3.「授業実践に関する科目」
                  「○○科内容開発演習」と「○○科授業総合演習」の2種類があります。前者は、学校で実施されている教科内容と授業について分析を加え、それに基づいて実際に新たなカリキュラムと授業内容の開発を行うものです。後者は、当該教科の学習内容に関する特定の題材を取り上げて指導計画を作成し、学内で模擬授業を実施した上で学校(附属学校、公立学校)に出向いて授業実践を行い、授業研究(分析・評価・再構成)を実施します。これらの演習は、教科教育担当教員と教科専門担当教員の協同を基本とし、附属学校・公立学校の教員の協力も得て行います。
                  4.「特別研究」
                  当該教科に関する理論、内容、授業実践に関連するテーマで研究します。全ての修士論文は、学校における課題解決や教育実践に寄与する内容であることを原則とします。
                  5.「学校教育・特別支援教育に関する科目」
                  教科等の授業を学校で実践する際に必要な最新の専門的な基礎知識を学修する科目です。
                  6.「自由選択科目」
                  教員としての専門性と実践的指導力をさらに高めるための科目です。

                  本研究科(修士課程及び専門職学位課程)など国内の大学院の合格者又は在学生で群馬県公立学校教員選考試験の第2次選考試験に合格したものが,群馬県教育委員会に申し出て許可を受けた場合には,大学院修了時まで採用期日を延長できます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.優れた教員倫理と豊かな学識を有し,教育諸科学に関する高度な専門的知識・技能及び実践力を備え,教育現場において指導的な役割を担える者
                  2.学校教育の現代的諸課題に取り組むことのできる研究開発能力及び実践力を備えた者

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  日本文学
                  外国文学
                  英米語
                  地理学
                  日本史
                  外国史
                  哲学・倫理・宗教
                  心理学
                  法学・法律学
                  政治・政策学
                  経済学
                  社会学
                  教育学(教員養成課程)
                  数学・情報科学・統計学
                  物理学
                  天文学・地球・惑星科学
                  化学
                  生物学・生化学・バイオ
                  地質学
                  機械工学・自動車工学
                  電気・電子・通信工学
                  情報工学・コンピューター
                  金属・材料工学
                  家政学・生活科学
                  食物学・調理・栄養
                  被服学・服飾・ファッション
                  住居
                  児童・子ども・保育
                  美術
                  デザイン
                  音楽
                  体育学・スポーツ科学・健康科学

                  その他専攻分野