ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  ここから大学情報です
                  お気に入りリスト一覧へ

                  基本情報

                  大学の基本情報

                  大学名
                  大月短期大学
                  本部所在地
                  山梨県大月市御太刀1-16-2 
                  設立年(設置認可年)
                  1955
                  大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
                  0554-22-5611
                  大学の種類
                  公立・短期大学(短期大学部を含む)
                  総学生数(学部)
                  479人
                  総学生数(大学院)
                  0人
                  総教員数(本務者)
                  17人

                  大学の教育研究上の目的や建学の精神

                  大月短期大学は、教育基本法及び学校教育法の趣旨に基づき、高い理想のもとに広く一般教養を高めると共に深く専門の学芸を教授、研究し、文化の向上と経済活動の発展に貢献する有為な人材を育成することを目的とする。

                  大学の特色等

                  本学は、(2017年3月卒業内定率93.7%)、四年制大学への編入学(同編入学合格者延べ84名)ともに大きな成果を上げています。その理由は、①充実した進路支援機能 ・進路支援室には、3人の専門スタッフがおり、常時個別相談に応じています。 ・週1回「進路ガイダンス」講座が開かれ、1年生のうちから就職・進学への心構えを学んでいきます。 ・様々な検定試験を活用したキャリア支援もあり、短大で学びながら職業人としてのスキルアップが図れます。②1年生の前期に数多くの入門講座(「学ぶ・働く」「言語と文化」「経済学入門」「経営学入門」「簿記原理」など)が用意されています。これは、「まだ自分が何をやりたいかわからない」という学生のための「お試し期間」としても位置づけることができ、この期間を通して、将来の進路に向かって短大で何をどのように学ぶかをじっくり考えることができます。③進路に合わせたカリキュラム ・本学では、学生一人ひとりの進路に応じて様々なカリキュラムを組むことができます。

                  教育研究上の基本組織

                  全てを表示する 折り畳む

                  学部(短期大学の場合は学科)
                  経済

                   

                   

                  全てを表示する 折り畳む

                  その他の学内組織

                  キャンパス一覧

                  評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

                  全てを表示する 折り畳む

                  評価機関評価年月
                  短期大学評価基準独立行政法人大学評価・学位授与機構2016年4月

                  学生支援

                  修学支援

                  本学は、教育基本法に謳われる教育の機会均等の主旨を尊重し、学費のほか修学費用の負担を軽くするよう配慮しています。例えば、在学中の学生に対する証明手数料は無料としています。学費は、東京の諸大学に比べては勿論のこと、隣接の諸大学に比べても低廉であるように努めています。このため、4年制大学への進学を目的とする場合でも、本学での2カ年課程を経て3年次編入学を果たせば、都会での生活を含め修学費用を抑えることができます。大学周辺には組合加入の学生専用のアパート・下宿があるほか、不動産業者が斡旋する民間アパートがあります。                          学業成績が優秀で経済的な理由のため修学困難な学生に対して、独立行政法人日本学生支援機構への奨学金制度及びその他いくつかの各地方公共団体の奨学業務を行っています。東日本大震災における入学金、授業料の減免措置を行っている。

                  心身の健康に係る支援

                  保健室に看護師、及び専門カウンセラーを配置し、常時学生の相談に応じています。専門カウンセラーは月2回程度悩みを親身に聞き、解決するための方法を一緒に考えてくれます。

                  留学生支援

                  特別日本語演習をもうけ、先生と一対一で日本語のレベルに合わせて課題を設定し対応している。

                  留学生支援(日本人学生への支援)

                  障害者支援

                  バリヤフリー化を目指し平成29年3月新校舎完成。

                  就職・進路選択支援

                  一人ひとりが希望する進路に進めるよう、進路支援室のサポートはもちろん、教職員、在学生、卒業生、が連携して、進路活動を支えています。進路支援室ではスタッフ3名でいつでも個別相談に応じるよう体制を整えています。

                  課外活動

                  クラブ活動の状況

                  平成29年度活動団体、文化系12団体、体育系15団体が活動しています。

                  ボランティア活動の状況

                  大月市最大のお祭りである「かがり火市民祭り」のイベントに参加し、祭りを盛り上げている。大月市商店街が主催する大ツキ軽トラ市に本学学生がその販売支援を行っている。また、大月里山プロジェクト(酒米・日本酒づくり体験プログラム)地元酒造メーカと協同する展開も行っている。

                  学生寮一覧

                  学生寮の有無