ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

工学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

費用及び経済的支援

授業料、入学料、その他の徴収費用

授業料入学料その他の徴収費用(宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)
267,900円/半年282,000円諸納金 1年生:82,300円(外国人留学生は129,380円) 3年次編入生:52,750円(外国人留学生は78,090円)
 (令和4年度実績)

授業料、入学料、その他の徴収費用(費用に関する説明)

費用に関する説明
授業料

3年次編入生も同額。研究生、聴講生、科目等履修生、特別聴講学生及び特別研究学生の授業料については別に定める。

3年次編入生も同額。研究生、聴講生、科目等履修生、特別聴講学生及び特別研究学生の授業料については別に定める。

入学料

その他徴収費用
(宿舎費用、教材購入費、施設利用料など)

費用内訳(※括弧内は3年次編入生)
・ 学生教育研究災害傷害保険費 3,300円(1,750円)
・ 後援会会費 20,000円(10,000円)
・ 責善会会費(学生会) 23,000円(13,000円)
・ 明専会会費(同窓会) 36,000円(28,000円)
・ (外国人留学生のみ)外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険 47,080円(25,340円)
(令和4年度実績)

費用内訳(※括弧内は3年次編入生)
・ 学生教育研究災害傷害保険費 3,300円(1,750円)
・ 後援会会費 20,000円(10,000円)
・ 責善会会費(学生会) 23,000円(13,000円)
・ 明専会会費(同窓会) 36,000円(28,000円)
・ (外国人留学生のみ)外国人留学生向け学研災付帯学生生活総合保険 47,080円(25,340円)
(令和4年度実績)

 

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度の対象校か確認年月
○ 2019年9月

※対象校とは、大学等における修学の支援に関する法律に定める授業料等減免実施のための要件を満たしていることについて確認を受けた機関を指す。 要件を満たさない機関及び対象校となるための申請をしていない機関は空欄で表示される。
※対象校であっても要件に合う学生のみが支援の対象になる。

学納金の延納・分納の可否

学納金の延納 学納金の分納
不可

休学及び復学に係る費用

休学時納付金休学時納付金(復学時返還の有無)休学時納付金(返還額)

休学及び復学に係る費用(費用に関する説明)

ただし、休学を許可され、又は命ぜられた日が授業料の納付期間経過後の場合は、当該期の授業料全額を納めなければならない。

奨学金

授業料減免

制度名減免資格対象人数減免額
授業料免除

経済的理由によって授業料の納付が困難で、かつ学業優秀と認められる学生および学資負担者が死亡、もしくは学資負担者が風水害の災害等を受け、納付困難と認められる者

経済的理由によって授業料の納付が困難で、かつ学業優秀と認められる学生および学資負担者が死亡

続きを読む…

全額免除:37名、半額免除:44名 
(※令和3年度実績)

全額免除:37名、半額免除:44名 
(※令和3年度実績)

全額免除:267,900円、半額免除:133,950円

全額免除:267,900円、半額免除:133,950円

九州工業大学基金授業料支援

経済的支援を必要とする3年次以上の学部生であって、不慮の出来事等によって、通常の授業料免除制度では支援出来ない者

経済的支援を必要とする3年次以上の学部生であって、不慮の出来事等によって、通常の授業料免除

続きを読む…

0名
(※令和3年度実績)

0名
(※令和3年度実績)

学生本人の家計、収支状況を考慮して決定

学生本人の家計、収支状況を考慮して決定

高等教育の修学支援新制度

①大学等への入学時期等に関する要件
②学業成績にかかる基準
③家計にかかる基準
④在留資格等に関する要件(日本国籍でない場合)
①~④すべての基準を満たす者

①大学等への入学時期等に関する要件
②学業成績にかかる基準
③家計にかかる基準
④在留資格

続きを読む…

Ⅰ(満額):211名
Ⅱ(2/3):96名
Ⅲ(1/3):69名
(※令和3年度実績)

Ⅰ(満額):211名
Ⅱ(2/3):96名
Ⅲ(1/3):69名
(※令和3年度実績)

続きを読む…

Ⅰ(満額):267,900円
Ⅱ(2/3):178,600円
Ⅲ(1/3):89,300円

Ⅰ(満額):267,900円
Ⅱ(2/3):178,600円
Ⅲ(1/3):89,300円

続きを読む…