ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学研究科(博士課程(後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                   本学看護学研究科修士課程を通して修得した能力を基盤に、研究を自律的に継続し、質の高い看護を構築、提供するために、学術的基盤に基づく教育・研究・管理の立場から看護の機能を発展させることに貢献できる人材を養成します。

                  養成する人材像は以下のとおりです。
                    
                  ①高等教育としての看護系教育機関における教育者・研究者
                   高等教育としての看護系教育機関における教育者・研究者として、研究機能を発揮して新たな看護学の知識体系の構築・開発に取り組み、専門的知識と指導力に基づき質の高い教育を実践できる看護学教育者・研究者を養成します。
                   
                  ②地域・医療の看護ケアシステムの変革を主導する看護プロフェッショナル
                   保健・医療・福祉諸機関における看護管理や、行政・政策にかかわる看護プロフェッショナルとして看護サービスが提供される場における諸要因を理解し、学術的基盤に基づき看護ケアシステムの改善・改革を主導できる看護プロフェッショナルを養成します。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  本学看護学研究科博士後期課程の入学者受け入れは以下の6項目を基本方針としています。

                  1.看護学を専攻する看護専門職として必要な教養と素養、倫理観を備えている。
                  2.看護学に関連する基礎的な研究能力を有し、自立して研究に取り組む姿勢を備えている。
                  3.看護学の充実・発展・革新を志向し、高度な専門的知識・技術と教育指導力を備えている。
                  4.看護学研究者、看護管理者、看護学教員として職業活動に従事することを強く志望している。
                  5.論理的思考と柔軟な発想をもち真理を探求できる。
                  6.これまでの看護実践や研究を通して取り組むべき研究課題を有している。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本学看護学研究科は次の4項目を教育課程編成の基本方針としています。

                   1.質の高い看護を提供することに貢献する看護学研究者・教育者・管理者に必要な基礎的素養の涵養にむけ、「看護学研究法Ⅰ」「看護学研究法Ⅱ」「看護学教育論」、 「保健医療福祉政策論」を必修の共通科目として設定

                   2.専門科目として、専門領域における実践の基盤となる理論と知識、実践と研究の課題、用いられる研究方法について追究し、学位論文への取り組みへ導く「特論科目」を設定

                   3.学位論文の研究に早期から計画的に取り組むために、専攻領域毎に「看護学特別研究」を設定

                   4.教育の順序性に配慮しつつ年間を通して無理なく修学できる授業科目の配置

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本学看護学研究科は次の5項目を学位授与の方針としています。

                   所定の単位を修得し、学位論文において新しい知見を産出して、看護学や看護実践の発展に寄与する研究
                  能力を有する者に博士(看護学)の学位を授与する。
                   そのためには、以下の学修成果をあげることが求められる。

                   1.看護専門職者として必要な高い倫理観と論理的思考力をもち、看護学の発展に寄与する研究を自立(自律)して行える。
                   
                   2.高等教育としての看護学教育に精通し、高度な専門的知識・技術と教育指導力をもって質の高い教育を展開することができる。
                   
                   3.看護管理の立場から保健医療福祉機関の組織運営に参画して管理機能を発揮する。看護サービスが提供される場に関与する多様な要因を把握して、看護提供システムの改善・改革の研究を指導できる。
                   
                   4.わが国の社会保障制度及び保健医療福祉政策の動向を把握し、地域のニーズに合った保健医療福祉施策の進展に向けた研究的取り組みができる。
                   
                   5.看護の専門分野に存在する多様かつ複雑な問題の研究的解明とその成果を適用しつつ、属する組織や地域を超えて多職種とも連携した研究活動を推進できる。

                  続きを読む… 折り畳む