ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  薬学部(修業年限4年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  本学部は,薬学に関する基礎及び応用の科学並びに技術を修得させ,薬学に関連する社会的使命を正しく遂行し得る人材を養成するとともに,薬学に関し深く研究を遂行し,社会の発展に寄与することを目的とする。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  教育内容・特色
                   創薬科学科では,解析・創出・活用の全てにわたり,ヒトを含む生命や,その変化(疾病・病態)との関連を視野に入れた研究開発を遂行するための専門的知識技能を教育します。さらに,これらを基にした新たな知の創生を行うために,観察力・直観力・分析力・論理力・研究遂行能力・発信力を練磨し,もって国際社会に貢献する人材を育成します。

                  求める人材
                   入学後の修学に必要な,①高等学校卒業レベルの幅広い基礎学力を有する人,②専門分野に関連する科目への高い理解度と応用能力が期待できる人,を選抜します。入学後の学修のため,高等学校においては,理科(物理・生物のいずれか及び化学),外国語(英語),数学,国語,地理歴史・公民を修得していることを望みます。さらに創薬科学科では,以下の要素を併せ持つ人を求めます。
                   1.医療に関わる人にふさわしい優れた倫理観を有し,研究心・探求心を持ち続け,創薬関連分野で活躍したい人
                   2.大学院(博士前期・後期課程)に進学し,将来の創薬科学を担う教育者や研究者として国の内外で活躍したい人

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  「人間性・倫理観に富む豊かな教養」を涵養するために,教養教育科目やガイダンス科目を提供します。

                  「目的につながる専門性」を修得するために,物理化学・分析化学,有機・無機化学,生命科学系の基礎科目を提供するとともに,それらと有機的に関連付けた薬理・薬剤系の応用科目を提供します。

                  「情報を的確に収集・活用できる情報力」を獲得するために,合目的に広範な情報を収集し,的確に分析・精選した情報を活用できる演習・実習科目を提供します 。

                  「時代と社会をリードする行動力」を身につけるため,研究能力を培う薬学系実習や卒業論文実習を提供します。

                  「生涯に亘る自己実現力」を育成するために,コミュニケーション能力と共感的態度を培う教養教育科目を提供します。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  【薬学部】
                  目的につながる専門性【専門性】

                  医薬品の適正使用や開発研究を推進する実践的能力を発揮するための生命科学,疾病,医療に関する幅広い専門知識と技能を身につけている。

                  情報を的確に収集・活用できる情報力【情報力】

                  医療領域のみならず,自然や社会の幅広い領域の情報を自ら収集・分析し,正しく活用できる能力を有すると共に,効果的に情報発信できる。

                  時代と社会をリードする行動力【行動力】

                  医療領域のみならず,社会生活に求められるコミュニケーション能力,グローバル化に対応した国際感覚や言語力を有し,人との共感的態度を身につけ,地球規模から地域社会に至るまで,時代と社会をリードする行動ができる。

                  生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

                  スポーツ・文化活動等に親しむことを含めて,生涯に亘って自己の成長を追求し,自立した個人として日々を享受すると共に,薬学や生命科学の発展に寄与するため,高い学習意欲を持ち研鑽を積むことができる。

                  【創薬化学科】
                  汎用的な知識と技能に基づく専門性【専門性-1】

                  化学物質・生体分子・天然物質に関する総合科学の基礎的な知識と技能を身につけている。

                  創薬研究に関わる専門性【専門性-2】

                  創薬研究の実践的能力を発揮するため,化学系,物理系領域並びに生命科学,疾病,医療等の生物系,医療系領域に関する幅広い専門知識と技能を身につけている。

                  情報を的確に収集・活用できる情報力【情報力】

                  生命科学のみならず,自然や社会の幅広い領域の情報を自ら収集・分析し,正しく活用できる能力を有すると共に,効果的に情報発信できる。

                  時代と社会をリードする行動力【行動力】

                  創薬科学を担い生命科学のフロンティアで活躍する人に求められるコミュニケーション能力,グローバル化に対応した国際感覚を有し,人との共感的態度を身につけ,地球規模から地域社会に至るまで,時代と社会をリードする行動ができる。

                  生涯に亘る自己実現力【自己実現力】

                  スポーツ・文化活動等に親しむことを含めて,生涯に亘って自己の成長を追求し,自立した個人として日々を享受すると共に,次世代の創薬科学を担い生命科学のフロンティアで活躍するために,高い学習意欲を持ち研鑽を積むことができる。

                  続きを読む… 折り畳む