ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

情報工学府(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

学部・研究科等の特色等

学部・研究科等の特色等

大学院情報工学府博士前期課程では、主に社会産業界全体において技術開発やシステム開発等に携わり、産業のDXを支え、Society5.0で示されるような新しい社会を駆動する技術者を育成するために、次の5つの専門分野で活躍する教員が大学院教育を担当しています。

①知能情報工学専門分野
ことば,音声,映像などのさまざまなメディアを介して,あたかも人が考えているかのように振る舞い,また,人が思いもよらないことを産み出すような,「人とコンピュータが協調する」ための新しい情報技術の確立を目指しています。

②情報・通信工学専門分野
「次世代スマート社会の実現」を支えるために、ハードウェアとソフトウェアのコンピュータ技術と情報通信技術を身につけた高度ICT人材の育成を目指しています。

③知的システム工学専門分野
社会が抱えているさまざまな問題に対して、人と未来を繋ぐ新しいシステムの実現のために、情報工学とロボット技術、システム制御技術、機械工学をそれぞれ融合した、知的システムを構築できる人材の育成を目指しています。

④物理情報工学専門分野
自然界の普遍的な法則を探究する自然科学と、情報・システム技術としての情報工学を融合した教育と研究を通じて、それら課題を解決するとともに、技術革新(イノベーション)につなげる融合領域研究を切り拓くことができる技術者の育成を目指しています。

⑤生命化学情報工学専門分野
医療、製薬、飲食品、化学、環境、バイオ素材など幅広いバイオ分野に、情報工学の知識と技術を融合させることで、ヒトを含め幅広く生命に関わる新たな産業分野を構築できる人材の育成を目指しています。
 
○修了生の就職状況については、令和3年度における就職率は100%と非常に高い就職実績を残すなど、各種メディアで高い評価を受けております。 (就職率=就職者数÷求職者数×100)

続きを読む… 折り畳む