ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

生命体工学研究科(博士課程(前期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

学部・研究科等の特色等

学部・研究科等の特色等

○生物は、物質・エネルギー変換を行うとともに、運動神経を自己制御して動きます。これを理解するには、これまでの分子・細胞レベルの生命科学に加え、生命体の構造、物質変換、エネルギー変換、感覚、運動、制御、情報処理機能などの体系的な研究が必要です。生命体工学研究科博士課程(前期)では、生体の持つ様々な優れた機能を工学的に応用することで社会的ニーズの高い問題の解決を目指す「生体機能応用工学専攻」と、知能-身体-環境という複雑なシステムの中で最適・快適な社会を構築することのできる能力を養う「人間知能システム工学専攻」の二専攻を設けて、生物の優れた構造や機能を工学的に応用することによって、従来の機械・電子・化学・情報工学や生命科学などの学問領域に、新しい学問分野を開拓します。

○修了生の就職状況については、令和3年度における就職率は100%と非常に高い就職実績を残すなど、各種メディアで高い評価を受けております。 (就職率=就職者数÷求職者数×100)