ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

総合人間自然科学研究科(理工学専攻・修士)

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

入試

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

理工学専攻では、以下のような学生を受け入れて、教育研究を行います。

理工学専攻
・理学・理工学を学ぶにあたって必要となる「数学」「理科」「英語」の基礎的事項に関して、大学卒業程度の知識を有している。
・物事の考え方や判断基準を科学的・論理的に捉えることができる。
・数理科学・自然法則、生物科学、情報科学、化学・生命現象、自然災害現象のいずれかの分野に対して好奇心と探求心を持ち、課題
・に意欲的に取り組める。
・データの収集や整理を行い、課題に対して科学的に、適切に表現できる。
・自然法則や応用的な科学を主体的に学び、科学倫理を持って、社会の維持・発展に貢献したいという意欲を有している。

また、上記の理工学専攻共通のアドミッション・ポリシーに加えて、コース個々のアドミッション・ポリシーを以下のとおり示します。

数学物理学コース
・数学や物理科学の専門領域についての基礎事項を学び、より高度な専門知識をより深く修めるための準備ができている。科学報文を理解するための英語の基礎的読解力がある。
・問題点を発見し、解決すべき課題を自ら設定し、分析するといった問題解決の基礎を習得している。
・数理や自然現象に好奇心を持って課題に取り組む意欲を持つことができる。
・習得した自らの専門領域についての内容を的確に発表し、自身の言動に責任を持って議論にのぞむことができる。
・明瞭な課題意識のもとに、研究能力を修得し、学術研究を進展させようとする確固たる意志を持っている。

生物科学コース
・生物の多様性と進化、生態系、それらを取り巻く環境など、生物科学の基礎を身に付けている。
・生物科学の学修にあたって、客観的かつ合理的な思考を身に付けている。
・生物科学の研究に主体的に取り組み、修得した知識をもとに社会に貢献する強い意志を有している。
・生物科学の研究に関する基礎的な技能を有し、適切な情報発信の方法を身に付けている。
・生物科学を主体的に学び、持続可能な社会の構築に寄与したいという意欲を有している。

情報科学コース
・情報科学又は情報工学に関する学士レベルの学力と研究分野における知識を備えている。
・情報科学、情報工学の研究に進むにあたって、客観的かつ合理的な思考を身に付けている。
・情報科学及び情報工学分野の中に学問的関心領域を持ち、強い研究意欲を持っている。
・情報科学又は情報工学分野に関する自身の学習の成果と今後の学習・研究計画について、分かりやすくかつ正確に説明ができる。
・学術研究に対する真摯な姿勢を身に付け、得られた成果を高度情報化社会に還元しようという意欲を持っている。

化学生命理工学コース
・化学や生命理工学分野の幅広い基礎学力を有している。
・化学・生命理工学研究に対する高い学習意欲と論理的な思考力を身に付けている。
・化学・生命理工学研究を進めるために課題を発見し解決する意欲がある。
・化学や生命理工学に対する客観的かつ合理的な思考や学士レベルの実験技法を身に付け、自身の成果を適切に表現できる。
・豊かで暮らしやすい社会の持続的構築に貢献できる技術開発・研究能力の修得を目指している。

地球環境防災学コース
・学士レベルの数学、自然科学、防災技術及び語学に関する基礎知識と地球環境、自然現象の発生機構、防災に関連する分野の専門知識を有している。フィールドにおける観察や調査、室内での実験を通して、地球環境の変化や自然災害リスクを理解している。
・データに基づいて客観的・論理的に深く考察をし、適切な結論を導くことができる。過去から現在までの動向を分析し、将来を模索・創造できる広い視野と柔軟な思考力を身に付けている。
・地球上の自然現象や環境・資源と、自然災害リスクが人間生活に及ぼす影響に関心を持つことができる。修得した知識と技能を、社会的問題の解決のために活用する意欲を有している。
・多言語によるコミュニケーション能力や、プレゼンテーションとディベートを通した問題解決能力を身に付けている。
・自身の知識と技能を、社会に還元する意思を有している。

続きを読む… 折り畳む

入学者数

2019年度2020年度2021年度
58人55人

数値の説明(増減理由等)

2020年度改組。

実施している入試方法

一般
総合型(旧区分名:AO)
学校推薦型(旧区分名:推薦)
帰国子女
社会人
附属校
編入学
その他 ※
留学生

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

障害のある入学志願者に対する合理的配慮

1.5 倍または1.3 倍の時間延長
点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
手話通訳者、介助者の配置
リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

入学者の構成(男女別)

2019年度2020年度2021年度
46人12人46人9人

数値の説明(増減理由等)

2020年度改組

入学者の構成(出身高校所在地別)

2019年度2020年度2021年度
都道府県学生数都道府県学生数都道府県学生数
北海道 北海道 北海道
青森県 青森県 青森県
岩手県 岩手県 岩手県
宮城県 宮城県 宮城県
秋田県 秋田県 秋田県
山形県 山形県 山形県
福島県 福島県 福島県
茨城県 茨城県 茨城県
栃木県 栃木県 栃木県
群馬県 群馬県 群馬県
埼玉県 埼玉県 埼玉県
千葉県 千葉県 千葉県
東京都 東京都 東京都
神奈川県 神奈川県 神奈川県
新潟県 新潟県 新潟県
富山県 富山県 富山県
石川県 石川県 石川県
福井県 福井県 福井県
山梨県 山梨県 山梨県
長野県 長野県 長野県
岐阜県 岐阜県 岐阜県
静岡県 静岡県 静岡県
愛知県 愛知県 愛知県
三重県 三重県 三重県
滋賀県 滋賀県 滋賀県
京都府 京都府 京都府
大阪府 大阪府 大阪府
兵庫県 兵庫県 兵庫県
奈良県 奈良県 奈良県
和歌山県 和歌山県 和歌山県
鳥取県 鳥取県 鳥取県
島根県 島根県 島根県
岡山県 岡山県 岡山県
広島県 広島県 広島県
山口県 山口県 山口県
徳島県 徳島県 徳島県
香川県 香川県 香川県
愛媛県 愛媛県 愛媛県
高知県 高知県 高知県
福岡県 福岡県 福岡県
佐賀県 佐賀県 佐賀県
長崎県 長崎県 長崎県
熊本県 熊本県 熊本県
大分県 大分県 大分県
宮崎県 宮崎県 宮崎県
鹿児島県 鹿児島県 鹿児島県
沖縄県 沖縄県 沖縄県
その他 その他 その他

全て表示 折り畳む

※その他は外国の学校卒、高卒認定等

数値の説明(増減理由等)

入学者の構成(入試方法別)

2019年度2020年度2021年度
入学者数入学者数入学者数
一般58人55人
総合型
(旧区分名:AO)
0人0人
学校推薦型
(旧区分名:推薦)
0人0人
帰国子女0人0人
社会人0人0人
附属校0人0人
編入学0人0人
その他 ※0人0人
留学生0人0人

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

数値の説明(増減理由等)

数値の説明(増減理由等)
一般

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者64名、合格者59名、辞退者1名、入学者58名
2021年:受験者68名、合格者64名、辞退者9名、入学者55名

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者64名、合格者59名、辞退者1名、入学者58名
2021年:受験者68名、合格者64名、辞退者9名、入学者55名

総合型
(旧区分名:AO)

学校推薦型
(旧区分名:推薦)

帰国子女

社会人

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名
2021年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名
2021年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名

附属校

編入学

その他 ※

留学生

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名
2021年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名

募集人員は55名。
3年間の受験状況は以下のとおり
2019年:
2020年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名
2021年:受験者0名、合格者0名、辞退者0名、入学者0名