ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

理学部

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

入試

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

【学部の理念】
北海道大学理学部は,自然界を支配する基礎的な法則や理論・原理を学び,様々な自然現象の真理を解明することを理念としている。今われわれの生活を支えている様々な便利さや高度に発達した文化・文明,並びにこれらを支える世界観は,自然現象に対する純粋な知的好奇心に基づく基礎自然科学,つまり理学から生まれてきたものである。
したがって,北海道大学理学部は,基礎自然科学の発展を支える優れた研究者を育成するとともに,科学的な思考に基づき社会に貢献する人材を育成することが使命であると考え,基礎自然科学に関する以下の五つの主要分野の教育を行う。
・数学科: 代数・幾何・解析の基本を学び,それを基にそれぞれの領域の専門知識を学ぶ
・物理学科:素粒子から宇宙に至る諸々の物質のことわり(理)や自然現象の基礎的原理を学ぶとともに,新たな普遍法則を探り,また,科学全体の発展を考察する
・化学科:広範な現象や物質の構造・性質・変換過程を分子や分子集合体のレベルで理解するとともに,分子を自在に操り所望の物質を作り出す
・生物科学科:生物学と高分子機能学に分かれる。生物学では多種多様な生物を対象とし,分子や遺伝子の働き,生物と自然との関わりなど,生物の営みの基本にある原理や新しい真理を探る。高分子機能学では機能性高分子と呼ばれる新しい特性と機能をもったバイオ新素材や医薬などの開発およびこれらの生命分子の特性を解析する
・地球惑星科学科:地球や惑星における自然のメカニズムを解き明かすとともに,自然環境の問題や資源の確保,災害の軽減に関する基礎的な研究を行う。また,地球や惑星上に起こる様々な自然現象を物理的に解明し,環境科学の基礎研究としての役割ももつ。

【教育目標】
それぞれの専門分野に進むための幅広い自然科学の知識を習得するとともに,獲得した知識を演習や実験・実習などを通して実践できる能力を育成する。

【求める学生像】
・自然に関心をもち,自然現象のメカニズムを解明したいと考えている学生
・物事を論理的に説明したいと考えている学生
〔求める要素:知識・技能,思考力・判断力・表現力,関心・意欲〕
・時流に流されることのない真理を探究したいと考えている学生
〔求める要素:思考力・判断力・表現力,関心・意欲〕
・観察や実験が好きで,納得が行くまで観察や実験を続けたいと考えている学生
〔求める要素:知識・技能,主体性・協働性,関心・意欲〕

※高等学校等で修得しておいてもらいたい内容
数学・理科:本学部における専門分野(数学・物理学・化学・生物学・地球惑星科学)を学ぶ為に必要とされる基礎的知識及び技能,思考力
国語・英語:読解力,表現力,コミュニケーション能力

・入学者選抜の基本方針
・一般選抜(後期日程):大学入学共通テスト及び個別学力検査により,「知識・技能」,「思考力・判断力・表現力」を特に重視して評価する。併せて,出願書類により「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を含めて総合的に評価し,入学者を選抜する。
・フロンティア入試TypeⅠ:
〔地球惑星科学科〕出願書類により「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を,総合問題により「科学的基礎知識,論理性,判断力」を,面接により「意欲,目的意識,論理的思考力」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
・フロンティア入試TypeⅡ:
〔数学科〕出願書類により総合的に判断し一次選考を実施した上で,二次選考において適正試験により「基礎的な知識及び技能の他,思考力及び判断力」を,面接により「数学的な考察力,論理的思考力,説明能力及び数学に関わる諸科学の修学への姿勢・意欲」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
〔物理学科〕出願書類により総合的に判断し一次選考を実施した上で,二次選考において適正試験により「基礎的な知識及び技能の他,思考力及び判断力」を,面接により「物理の内容に関する議論を通して論理の展開,表現,会話力及び英語の能力」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
〔化学科〕出願書類により総合的に判断し一次選考を実施した上で,二次選考において適正試験により「基礎的な知識及び技能の他,思考力及び判断力」を,面接により「化学に関する思考力と判断力,及びコミュニケーション能力」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
〔生物科学科高分子機能学専修〕出願書類により総合的に判断し一次選考を実施した上で,二次選考において適正試験により「基礎的な知識及び技能の他,思考力及び判断力」を,面接により「主体的な行動を起こす力や新しいものごとにチャレンジする強い意欲」,「英語4技能」,及び「生命科学に対する情熱と準備状況等」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
・帰国子女入試:出願書類により「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を,総合問題により「知識・技能」,「思考力・判断力・表現力」を,面接により「思考力・判断力・表現力」,「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
・私費外国人留学生入試:出願書類により「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を,適正試験(数学科のみ)により「知識・技能」,「思考力・判断力・表現力」を,面接により「思考力・判断力・表現力」,「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を特に重視して評価し,入学者を選抜する。
なお,選抜ごとの評価方法の比重については以下URLのとおりとする。
https://www.hokudai.ac.jp/admission/admission-policy2021.pdf

続きを読む… 折り畳む

入学者数

2019年度2020年度2021年度

数値の説明(増減理由等)

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入学者数を表すことができません。

実施している入試方法

一般
総合型(旧区分名:AO)
学校推薦型(旧区分名:推薦)
帰国子女
社会人
附属校
編入学
その他 ※
留学生

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

障害のある入学志願者に対する合理的配慮

1.5 倍または1.3 倍の時間延長
点字での受験、文字サイズ1.4 倍、紙面2 倍に拡大した問題用紙、拡大鏡等の使用
回答方式(チェック解答、文字解答、代筆)
意思伝達装置やパソコンを使用した意思表出
手話通訳者、介助者の配置
リスニングの免除、またはリスニング音声聴取を制御する許可
試験室の場所(トイレやエレベータとの距離関係)
杖や補聴器、車いす、特製机の使用など

障害のある入学志願者に対するその他の合理的配慮

入学者の構成(男女別)

2019年度2020年度2021年度
0人0人0人0人

数値の説明(増減理由等)

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの男女別構成を表すことができません。

1年次学生全体の男女別構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

入学者の構成(出身高校所在地別)

2019年度2020年度2021年度
都道府県学生数都道府県学生数都道府県学生数
北海道 0人 北海道 0人 北海道
青森県 0人 青森県 0人 青森県
岩手県 0人 岩手県 0人 岩手県
宮城県 0人 宮城県 0人 宮城県
秋田県 0人 秋田県 0人 秋田県
山形県 0人 山形県 0人 山形県
福島県 0人 福島県 0人 福島県
茨城県 0人 茨城県 0人 茨城県
栃木県 0人 栃木県 0人 栃木県
群馬県 0人 群馬県 0人 群馬県
埼玉県 0人 埼玉県 0人 埼玉県
千葉県 0人 千葉県 0人 千葉県
東京都 0人 東京都 0人 東京都
神奈川県 0人 神奈川県 0人 神奈川県
新潟県 0人 新潟県 0人 新潟県
富山県 0人 富山県 0人 富山県
石川県 0人 石川県 0人 石川県
福井県 0人 福井県 0人 福井県
山梨県 0人 山梨県 0人 山梨県
長野県 0人 長野県 0人 長野県
岐阜県 0人 岐阜県 0人 岐阜県
静岡県 0人 静岡県 0人 静岡県
愛知県 0人 愛知県 0人 愛知県
三重県 0人 三重県 0人 三重県
滋賀県 0人 滋賀県 0人 滋賀県
京都府 0人 京都府 0人 京都府
大阪府 0人 大阪府 0人 大阪府
兵庫県 0人 兵庫県 0人 兵庫県
奈良県 0人 奈良県 0人 奈良県
和歌山県 0人 和歌山県 0人 和歌山県
鳥取県 0人 鳥取県 0人 鳥取県
島根県 0人 島根県 0人 島根県
岡山県 0人 岡山県 0人 岡山県
広島県 0人 広島県 0人 広島県
山口県 0人 山口県 0人 山口県
徳島県 0人 徳島県 0人 徳島県
香川県 0人 香川県 0人 香川県
愛媛県 0人 愛媛県 0人 愛媛県
高知県 0人 高知県 0人 高知県
福岡県 0人 福岡県 0人 福岡県
佐賀県 0人 佐賀県 0人 佐賀県
長崎県 0人 長崎県 0人 長崎県
熊本県 0人 熊本県 0人 熊本県
大分県 0人 大分県 0人 大分県
宮崎県 0人 宮崎県 0人 宮崎県
鹿児島県 0人 鹿児島県 0人 鹿児島県
沖縄県 0人 沖縄県 0人 沖縄県
その他 0人 その他 0人 その他

全て表示 折り畳む

※その他は外国の学校卒、高卒認定等

数値の説明(増減理由等)

入学者の構成(入試方法別)

2019年度2020年度2021年度
入学者数入学者数入学者数
一般0人0人
総合型
(旧区分名:AO)
0人0人
学校推薦型
(旧区分名:推薦)
0人0人
帰国子女0人0人
社会人0人0人
附属校0人0人
編入学0人0人
その他 ※0人0人
留学生0人0人

※その他は一芸一能入試、専門高校・総合学科卒業生入試、飛び級、中国引揚者等子女入試など

数値の説明(増減理由等)

数値の説明(増減理由等)
一般

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

総合型
(旧区分名:AO)

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

学校推薦型
(旧区分名:推薦)

帰国子女

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

社会人

附属校

編入学

その他 ※

留学生

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。

本学の1年次学生は高等教育推進機構総合教育部に所属となるため,学部ごとの入試方法別入学者数を表すことができません。

1年次学生全体の入試方法別入学者の構成については,本学HP(https://www.hokudai.ac.jp/pr/johokokai/pub/gakkyoho/gakkyoho5/index.html)をご覧ください。