ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  国際文化学科

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  国際文化学科 2年 短期大学士(国際文化学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  国際文化学科では、世界の多様な文化や価値観を理解し、言語や情報のコミュニケーション能力を身につけるため、以下のような3 つの専門教育科目群を設けています。
                  1.日本をはじめとしたアジアの文化や欧米の文化の理解を通じて、文化・思想・宗教などに価値観の違いがあることを学ぶため、「異文化の理解に係わる科目群」を設けています。
                  2.日本語能力を更に高め、実践的な英語力を育成し、中国語、韓国語の基礎を学ぶとともに、コンピュータの技能を学ぶため、少人数で授業を行う「情報・言語コミュニケーションに係わる科目群」を設けています。
                  3.学生各自の関心や将来の進路に応じて、人間関係論、観光論、ホテル論などが学べる「実社会への橋渡しとなる科目群」を設けています。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  国際文化学科では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定し、「短期大学士(国際文化学)」の学位を授与します。
                  1. グローバル化の進む社会において、自国の文化を深く理解し、世界のさまざまな文化・思想・宗教などを理解することによって、民族・国家による価値観の違いを認識し、受け入れることのできる力を身につけた学生。
                  2. 国際的な意思疎通と相互理解のため、英語に加え中国語または韓国語の語学力を身につけるとともに、異文化を背景にもつ外国人とのコミュニケーションのとり方を身につけた学生。
                  3. 誰でも簡単に国境を越えることのできる現代の情報化社会で働き、生活していくために必要なコンピュータによる情報収集能力、情報処理能力、自己表現能力などを身につけた学生。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  日本文学
                  外国文学
                  英米語
                  中国語
                  外国語(英米・中国語以外)
                  文化学
                  文化人類学・民俗学

                  その他専攻分野