ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学研究科(修士課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  看護学 2年 修士(看護学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  本研究科の教育は、豊かな人間性と高い倫理観を基盤として、多様化・複雑化・高度化する地域特性や社会変化に応じた看護ニーズを的確に捉え、現場の様々な課題を探求する能力と教育能力を育成する。これらの能力を修得することができるように次のように分野を構成し、教育課程を編成・実施する。教育課程の編成・実施にあたり長期履修生が3年間の修業期間において計画的に履修できるように科目の設置および配置を行う。

                  1.教育研究分野としては、「実践基盤看護学」「看護教育学」「看護管理学」「母性看護学」「小児看護学」「成人急性期看護学」「成人慢性期看護学」「老年看護学」「精神看護学」「在宅看護学」「公衆衛生看護学」の看護系分野を設置するほかに、基礎教養系および専門支持系の専門性を活かして多様な看護学の研究課題に対応できるように「人文社会看護学」「自然科学看護学」を設置する。

                  2.各専門分野の知識と研究能力を修得する修士論文コース、看護の現場での教育指導能力を修得する臨地教育者コース、看護学の特定分野における実践能力を獲得する専門看護師コースを設置する。専門看護師コースについては「母性看護学」と「精神看護学」に設置する。

                  3.教育課程は、共通科目Ⅰと共通科目Ⅱ、専門科目で構成し、共通科目Ⅰには、看護における教育者あるいは実践者としての基礎的な能力を修得するための「看護研究概論」「看護教育論」「コンサルテーション論」、豊かな人間性や高い倫理観を育むための「看護倫理」、リーダーシップやマネジメント力を修得するための「看護管理論」、英語論文を読む能力を修得するための「英書講読」を設置する。また、修士論文や課題論文の作成に必要な研究方法が学修できるように「看護研究方法論Ⅰ(量的研究)」と「看護研究方法論Ⅱ(量的研究)」を選択科目として設置する。さらに、母性看護と精神看護の専門看護師の養成に対応できるように「フィジカルアセスメント」「病態生理学」「臨床薬理学」も設置し、コース特性に応じて必修科目あるいは選択科目とする。

                  4.共通科目Ⅱは、各専門分野の特論を設置し、専攻分野の特論を必修科目とするほか、幅広く知識を修得できるように専攻分野以外の特論を選択できるようにする。特に臨地教育者コースについては、看護教育学特論を必修科目とする。

                  5.修士論文コースの専門科目においては、各教育研究分野における看護の現状と課題を明確にするため理論・研究・実践の諸概念を学ぶ科目として、分野ごとに「演習」と「特別研究」を設置する。

                  6.臨地教育者コースの専門科目においては、看護系教育研究分野における現状と課題を明確にするための「演習」のほかに、看護の現場での教育指導能力が修得できるよう臨地教育実習を設置する。また、臨地においての研究能力の育成のために「課題研究」を設置する。

                  7.専門看護師コースの専門科目においては、特定分野における現状と課題を明確にするための「援助論」「演習」のほかに、専門看護師として臨床現場でのスペシャリストとしての能力が修得できるよう実習を設置する。また、専門看護師に必要な特定分野における研究能力の修得のために「課題研究」を設置する。

                  ※変更の可能性がありますので、本学ホームページをご覧ください

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  本研究科では、以下のような姿勢・能力を身につけ、所定の単位を修得し、修士論文審査及び最終試験を合格した者に修士(看護学)の学位を授与する。

                  1.多様化・複雑化・高度化する看護ニーズを的確に捉え、看護の特定領域における高度な看護実 践能力や総合的な調整能力を身につけている。
                  2.豊かな人間性と倫理観を身につけ、看護専門職としてリーダー的役割が担える指導力やマネジメント力を身につけている。
                  3.地域の特性や変化する社会のニーズを的確に捉え、看護学教育および実践看護学に関する課題を追及していける研究能力を身につけている。
                  4.看護教育者あるいは看護実践者としての基礎的な教育能力を修得している。

                  修士論文コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。
                  5.看護学の発展に寄与するための研究能力を修得している。

                  臨地教育者コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。
                  6.看護実践の場における看護専門職者や看護学生に対する教育能力を修得している。

                  専門看護師コース修了者は、1から4に加えて、次の能力を身につけている。
                  7.看護学の特定分野における卓越した看護実践能力を修得している。

                  ※変更の可能性がありますので、本学ホームページをご覧ください

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  看護

                  その他専攻分野