ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  理工学教育部(博士課程)(修業年限3年)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  数理・ヒューマンシステム科学専攻 3年 博士(理学)、博士(工学)
                  ナノ新機能物質科学専攻 3年 博士(理学)、博士(工学)
                  新エネルギー科学専攻 3年 博士(理学)、博士(工学)
                  地球生命環境科学専攻 3年 博士(理学)、博士(工学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  (平成29年度以前入学者)

                  【理学領域】
                   富山大学大学院理工学教育部博士課程(理学)では、学位授与方針に則り、数理・ヒューマンシステム科学専攻、ナノ新機能物質科学専攻、新エネルギー科学専攻、地球生命環境科学専攻の4専攻を置き、以下の教育課程を編成しています。
                   ・高度に発展した現代数学を理解し、新たな真理を探究するとともに、自らの研究により得られた成果を専門分野の研究者との交流や学術雑誌への発表により広く世界に発信できる能力を修得します。
                   ・理工学の学問的資質ならびに高度な技術力を身につけ、基礎理工学の各分野あるいは医薬学との境界領域において、新たな問題を発見し解決するための能力を修得します。
                   ・素粒子から宇宙にいたる広大なスケールにおけるエネルギーの変換過程を理解し、新エネルギー源の開発や地球規模でのエネルギー問題に主導的に取り組める能力を修得します。
                   ・地球規模の空間的および時間的な視野をもちながら、生物、環境、災害、エネルギー、資源などにおける種々の問題に取り組み、その解決のために貢献できる能力を修得します。

                  【工学領域】
                   富山大学大学院理工学教育部博士課程(工学)では、数理・ヒューマンシステム科学専攻、ナノ新機能物質科学専攻、新エネルギー科学専攻、地球生命環境科学専攻の4専攻を置き、学位授与方針を受けて、以下のような教育課程を編成しています。
                   ・人間の生活を豊かにするための各種機械機器システムやそれを制御するコンピュータを始め、高度情報・通信システムの開発やその基礎となる計算科学の専門領域を学びます。
                   ・理工学の学問的資質ならびに高度な技術力を修得し、基礎理工学の各分野あるいは医学薬学との境界領域において、新たな問題の発見および問題を解決するための能力を身につけます。あわせて、新規物質の創製、それら物質の構造、物性、機能に関する専門知識、技術を修得します。
                   ・新しいエネルギー源の開発やエネルギーの有効利用、地球規模でのエネルギー問題に高い見地から主導的に取組める能力を身につけます。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                   博士課程においては、理学及び工学分野の積極的融合により新たな学際領域、数理・ヒューマンシステム科学、ナノ新機能物質科学、新エネルギー科学及び地球生命環境科学の分野における科学・技術の高度化に対応でき、独創的な研究能力を有する研究者や地域産業の中核的担い手となる高度技術者を育成しています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  (平成29年度以前入学者)

                  【理学領域】
                   富山大学大学院理工学教育部博士課程(理学)では、本教育部の定める期間在学し、本教育部の教育研究の理念や目的に沿った指導を受け、所定年限内に所定の授業科目を履修し、博士論文の審査に合格し、課程を修了することを学位授与の要件とします。
                   本教育部博士課程(理学)は、理学・工学分野の積極的融合により新たな研究領域を創出し、自然科学の基礎理論の発展とそれに裏打ちされた豊かな社会の創成を担う人材を育成することを目的としています。本課程の修了基準は、科学・技術の高度化に対応できる深い専門性を身につけ、社会にその効果を還元できるようになることです。


                  【工学領域】
                   富山大学大学院理工学教育部博士課程(工学)では、本大学院理工学教育部の定める期間在学し、本大学院理工学教育部の教育と研究の理念や目的に沿った研究指導を受け、所定年限内に所定の授業科目を履修し、基準となる単位数以上を修得し、博士論文の審査に合格し、課程を修了することを学位授与の要件とします。
                   本大学院理工学教育部博士課程(工学)は、理学、工学分野の積極的融合により新たな学際領域を創出し、研究成果を社会に還元することを通じて豊かな社会の創成を担う人材を育成することを目的とします。
                  数理・ヒューマンシステム科学、ナノ新機能物質科学、新エネルギー科学及び地球生命環境科学の各専攻において、科学・技術の高度化に対応できる深い専門性を有し、地域産業の多様なニーズを踏まえた発想や国際的な視野をもって様々な分野で自立して考え、問題解決できる者に学位を授与します。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野