ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

先端科学技術研究科(博士課程(後期))

 
ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
お気に入りリスト一覧へ
ここから学部・研究科等の情報です

教育課程

学科・専攻等の名称

学科・専攻名修業年限取得可能な学位
先端科学技術 3年 博士(理学)、博士(工学)、博士(バイオサイエンス)

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

先端科学技術専攻では、ディプロマ・ポリシーに掲げる目標を達成するため、情報、バイオ、物質とそれらの融合分野に関する専門知識とともに、次代の先端科学技術分野の発展とその産業活動・社会活動に貢献する人材に求められる挑戦性、総合性、融合性及び国際性を身につけさせるための体系的な教育課程を編成する。特に学問分野の融合性を重視することを踏まえ、博士前期課程においては学生のキャリアと将来の目標に応じて柔軟性と融合性の高いプログラムを設置し、博士後期課程においては学生の国際性や主体性・自立性を重視したプログラムを設置する。

1.情報、バイオ、物質とそれらの融合分野に関する先端専門知識を教授する科目を設置する。
2.学際的な知識に基づく幅広い俯瞰力と総合性やキャリアパスを含めた社会とのかかわりを主体的に構想する能力の育成を目指した科目を設置する。
3.研究プロジェクトを主体的・自立的に企画立案·遂行し課題を解決する能力と挑戦性の修得を目指した科目を設置する。
4.国際的な活躍に必要となるプレゼンテーション・コミュニケーション能力の修得を目指した科目を設置する。各科目の学修成果は、筆記試験、レポート試験、演習・実験・実習成果等に基づき評価する。
5.ゼミナールと研究指導を通して、学術上あるいは応用上先端科学技術に寄与する高度な研究課題に積極的に取り組み博士論文を作成することを特に重視する。これにより、特定分野での問題発見及び問題解決が主体的・自立的にできる能力を身につけ、次代の先端科学技術分野の牽引に国際的に貢献できる挑戦性、総合性、融合性及び高い倫理性を醸成する。学修成果は、3名以上の指導教員により評価する。

上記の教育方針を効果的に実施するため、アクティブラーニングを重視した講義、演習、実地研修、実験及び実習科目を適切に組み合わせる。また、各プログラムはそれぞれ対応する分野の先端的知識を教授する科目を設置する。

履修科目及び修士論文、特別課題論文あるいは課題論文の内容を総合して、修士(工学)、修士(理学)あるいは修士(バイオサイエンス)を授与する

続きを読む… 折り畳む

教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

・本学からの進学者には、博士前期課程の教育プログラムに対応した特別講義の開講など、博士前期課程の教育プログラムをさらに展開しつつ、博士論文研究に取り組ませます。また、他大学等からの入学者には、主指導教員の履修指導により、博士前期課程の教育プログラムに対応する専門知識を教育し、博士後期課程の教育プログラムに参加させ、加えて、博士論文研究に取り組ませます。
・研究者の素養を養う科目群として、国際性、国際コミュニケーション能力、挑戦性、プロジェクト企画力、課題発見力、知識や研究手法の融合能力、研究推進力、先端専門知識、研究マネジメント能力、社会連携・俯瞰力、キャリアパス構想力を育成するための科目を配置しています。
・「研究留学」の履修を、すべての学生に推奨し、国際性、国際コミュニケーション能力を養います。また、学内外、国内外での教育研究の機会を広く持つことにより、多様な研究活動の場を通じて研鑽を積むことを目指します。
・自立的な研究能力を養う科目群として、「先進ゼミナール」、「博士論文研究」を配置し、幅広い視野からの研究指導を行い、ディスカッションやプレゼンテーションの能力を養うとともに、自立して研究活動を行う能力と課題の設定力及び創造性を育成します。

授業科目

授業の方法・内容

年間の授業計画

シラバス等

学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本学は、情報理工学、バイオサイエンス及び物質理工学の3つの先端科学技術分野を基幹分野と位置付けるとともに、ますます高度化・複雑化する先端科学技術に対する社会からの要請にこたえるべく、それらの融合分野にも積極的に挑戦を行い、かかる分野に関連する幅広い知識、高度な先端知識を有し、次代の先端科学技術分野の牽引に貢献する挑戦性、総合性、融合性及び国際性溢れる先導的な人材を育成する。この目的に則して編成された教育課程及び多角的な視点での教育研究指導体制(複数の教員による異なる視点からの研究指導)が前提となる質保証がされた学位授与プロセスを遂行する。

「博士」の学位は、所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設置した授業科目を履修して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで執筆した博士論文の審査及び試験に合格するとともに、次のような目標を達成したものに授与する。

1.先端科学技術分野(情報理工学、バイオサイエンス及び物質理工学の3つの分野並びにそれらの融合分野)の幅広い理論や体系を俯瞰的、総合的に理解した上で困難な問題解決にも挑戦できる高度の専門的知識・技術を身につけている。
2.特定分野での課題発見及び問題解決を主体的、自立的に推進でき、他分野との新規の融合研究開発も先導できる能力と挑戦性を有している。
3.高度なグローバルコミュニケーション能力と俯瞰的視野を持ち、先端科学技術分野の研究と開発において国際的なリーダーシップを発揮できる能力を身につけている。
4.先端科学技術分野の研究と開発における高い倫理観と科学観を身につけている。
5.執筆した博士論文が、学術上あるいは応用上先端科学技術に寄与する特に優れた研究成果を有している。

履修科目及び博士論文の内容を総合して、博士(工学)、博士(理学)あるいは博士(バイオサイエンス)を授与する。

続きを読む… 折り畳む

学修の成果に係る評価の基準

卒業・修了認定の基準

転学部・編入学等の可否、費用負担

可否費用負担
転学部不可
編入学不可

転学部・編入学情報補足

専攻分野

専攻分野
数学・情報科学・統計学
物理学
化学
生物学・生化学・バイオ
機械工学・自動車工学
電気・電子・通信工学
システム・制御工学
情報工学・コンピューター
応用化学・環境工学
応用物理学
応用生物学(生物工学)
金属・材料工学
画像工学・光工学・音響工学
医用工学・生体工学
農学
農芸化学
生物生産学・生物資源学
畜産学・動物学
生命科学
薬科学

専攻分野に関する説明