ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  水産・環境科学総合研究科(博士課程(一貫後期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  海洋フィールド生命科学専攻 5年 博士(水産学)、博士(環境科学)、博士(海洋科学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  ・季節的・経年的な変動が大きい海洋をフィールドとし,5年一貫制カリキュラムによる継続的・計画的かつ経験を重視した教育指導を行います。
                  ・沿岸海洋研究の世界的モデルである東シナ海を題材に,海洋環境の研究を実施する上で重要となる海洋,地球科学,水循環,大気と海洋の相互作用,生物などに関する知識を,講義,演習,実習により総合的に学びます。
                   学修の到達度は,レポート,プレゼンテーション,ディスカッションを通じて評価します。
                  ・講義による共通科目で,海洋と環境に関する幅広い基礎知識を学びます。
                   学修の到達度は,主としてレポートにより評価します。
                  ・演習および実習による共通科目で,科学者に必要とされる科学研究論文の作成・査読,プレゼンテーション,研究費獲得や研究者採用に関わる研究プロポーザル作成の能力と,フィールド研究に必要とされる調査設計,調査方法,解析手法,応用科学統計,実施に際しての諸事項などの,実践的な技術と能力を修得します。
                   学修の到達度は,レポート,プレゼンテーション,ディスカッションを通じて評価します。
                  ・環境生態科学コースの専門科目では,海洋・大気・陸域の相互作用や海洋における物質循環・生物生産についての学識を高めます。また,生物資源再生科学コースの専門科目では,海洋生物資源の再生産力を環境変動と関連付けて解析する能力を身に付けます。
                   学修の到達度は,主としてレポートにより評価します。
                  ・国際化教育科目では,海外短期留学制度による外国人研究者との共同研究や海外の学生との国際セミナーの開催を通じて,外国人研究者との十分な科学的コミュニケーション能力と国際的で独創性の高い研究を展開する能力を身につけます。
                   学修の到達度は,レポート,プレゼンテーション,ディスカッションを通じて評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  教育課程の体系性について,「海洋環境・生態系の保全と回復,資源の持続的生産等に関する学際研究を国際的に展開し,海洋からの食料供給の持続的確保のための科学的基盤に貢献する卓越した海洋フィールド研究者を養成する」とする本課程の目的に沿って,教育課程の編成がなされている。特にフィールド研究者養成に必要な専門知識と国際性を,学年進行に沿って体系的に修得できるシステムを構築している。
                  教育課程の特徴について,本課程では複数の教員(教員集団)による教育研究指導体制を採用している。また,研究の立案・論文作成等,研究者養成教育,最先端の調査・研究手法を身に付けさせるための実践教育,国際性を身に付けさせるため国際化教育を実施している。国際化教育では,海外の研究者を招聘しての英語による講義,国際学会での英語による口頭発表,国際シンポジウムの企画,半年間の海外留学等を課している。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  所定のカリキュラムによる教育プログラムに定められた単位を修得し,
                  ・海洋フィールド科学の基盤となる,海洋の物質循環,海洋環境と大気・陸域との相互作用,海洋生物生態,海洋生物資源の繁殖・再生産,海洋生物の環境応答等に関する学際的な知識を修得している。
                  ・海洋環境・生態系の保全と回復,海洋生物資源の持続的生産等に関する海洋フィールド研究を実施するための実践的な技術と能力を身につけている。
                  ・国際的に連携して海洋における課題に取り組むための,外国人研究者との十分な科学的コミュニケーション能力を修得している。
                  と認められ,博士論文が学位論文審査基準を満たした者に対し,博士(海洋科学),博士(水産学),又は博士(環境科学)の学位を授与します。

                  学位審査基準
                   博士学位論文は水産科学・環境科学および両者を融合させた学際的・総合的分野に関連する内容で,独創性,新規性,普遍性,論証性などの高い学術的価値が含まれ,かつ,学術論文として論理的にまとめられた完成度の高い英語論文でなければならない。学位論文審査を申請する者は,それに加えて論文審査を終了するまでに以下の基準を満たしていなければならない。
                  1)博士課程(5年一貫制)修了に必要な本研究科授業科目の単位修得が見込めること。 
                  2)本専攻のディプロマ・ポリシーに定められるように,海洋環境と大気・陸域との相互作用など海洋の物質循環に関する環境科学的な要素を融合させながら,海洋環境および生殖系の保全と回復,資源の持続的生産等を目指す学際研究を国際的に展開し,海洋からの食料提供の持続性を確保するための科学的基礎の確立に貢献する卓越したフィールド研究者として自立して研究活動を行う能力,およびその基礎となる学識を有することを示す客観的な資料(公表論文)があること。 
                  3)2)の客観的な資料(公表論文)は以下の要件を満たすこと。①課程修了認定のための学位論文の内容に含まれる公表論文は,主内容が審査制度の確立された学術雑誌に1編掲載された(掲載が決定された)ものがあり,さらに掲載された,あるいは掲載されると判断される論文が1編以上あるものとする。なお,論文はいずれも英文であること。②上記公表論文は,原則として博士課程(5年一貫制)在籍期間内の公表とする。
                  上記公表論文数は学位論文審査における必要条件である。そのため,学位論文審査においては,当該公表論文の性質,内容や執筆経緯,学位論文との適合性を含めて総合的に評価するものとする。それに加え,学位論文本体の完成度の高さと学術的価値が求められる。2年次(標準年次)の中間審査に合格した者について,予備審査を実施し,公開形式の論文発表会を行うと共に,学位審査委員会,博士後期課程・博士課程委員会,研究科教授会において博士の学位にふさわしいものと認められる必要がある。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  水産学

                  その他専攻分野

                  その他専攻分野
                  環境科学