ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学系研究科(博士課程(一貫))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学専攻 4年 博士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   医学専攻では,自由で充実した先駆的な研究を可能にする場を学生に提供することで,幅広い専門的知識・技術を備え医学・生命科学およびその学際領域で創造的研究が遂行できる研究者や,優れた臨床能力と研究能力を兼ね備え地域の医療水準の向上に貢献できるアカデミックドクターを養成し,以って社会からの強い要請に応えてゆく。
                   この目的を達成するために,本専攻では従来からの講座制のうえに,基礎医学-臨床医学の融合を重視して構築した4つの領域を設けた。この領域制のもとで,高度かつ多彩な学際領域研究と基礎研究から臨床の現場へと還元するトランスレーショナルリサーチを推進,「患者から学び,患者に還元する医学医療」の文字通りの実践を目指す。この領域制では,学生が自分の希望や必要性によって多数の教員から充実した指導を受けることが可能になるシステムとしている。
                   主指導教員は当該分野の専門的な知識の教育や研究指導を担当し,多彩な領域から選任できる副指導教員は,境界領域や学際領域の先端的な指導を行う。また,選択実習という実習教育を通じて,若手教員から先端的な研究手法を学べるシステムも整備している。これらにより専門領域の研究遂行能力を高めると同時に,関連した広い領域の知識・技術も身につけることが可能である。また,本専攻では社会人入学制度を充実させ,働きながら学びや研究の場を求める人たちに対して広く門戸を開いている。
                   専攻共通科目では,オムニバス講義による入門的・基礎的な授業の他,遺伝子組み換え実験や実験動物の取り扱い・RIの取り扱いなどの実践的な実習も開講しており,学生のニーズに応じて選択することができる。選択実習の履修後に新たに選択実習の担当教員を副指導教員として選ぶことも可能である。また,科目等履修生の制度を活用して,学部学生のうちに専攻共通科目の単位を取得することも可能である(愛媛大学医学部医学科3~6年の学生の場合には,科目等履修生にかかる学費は免除される。但し,科目等履修生になるためには一定の条件を満たす必要がある。)なお,初期臨床研修期間中に大学院に入学が可能な制度も採用している。
                   がんに特化した教育課程として,「臨床腫瘍学教育課程」を平成20年度より新たに設け,教育・研究を開始している。中国四国の大学が共同して形成したコンソーシアムにより,社会人大学院生向けにe-learning教材を用意している他,単一大学内では受講が難しい多職種の合同授業も開講している。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  1.知識・理解
                  1-1)専攻した医学・生命科学の領域に関して,深い専門的知識を有している。
                  1-2)医学・医療と生命科学や環境科学との融合領域・学際領域の広い学識を有している。
                  2.思考・判断
                  2-1)自らの研究歴あるいは臨床経験に基づいて,一定期間に完遂可能な,新たな研究テーマを設定することができる。
                  2-2)自らの研究テーマに基づいて,実験や調査の具体的かつ現実的な計画を立案することができる。
                  3.興味・関心
                  3-1)自らの研究の成果を,医学・生命科学のグローバルな展開あるいは地域医療の持続的な発展に生かそうとする積極性を有している。
                  4.態度
                  4-1)実験室や調査フィールドあるいは臨床の場における実践的な経験に基づいた,医学者としての研究者倫理を有している。
                  4-2)自立した医学研究者として,学会での発表者および論文の著者としての責任感を有している。
                  5.技能・表現
                  5-1)自らの研究成果を客観的に分析し,目的と背景・研究方法・結果・考察,さらに今後の発展の可能性について口頭で発表し討議することができる。
                  5-2)自らの研究成果について,国際的に通用する論文の形態で発表することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野