ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  教育学部(教員養成以外)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  総合教育課程 4年 学士(教養学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   教育学部では、ディプロマ・ポリシーにおいて定めた必要な能力を修得させるため、和歌山大学カリキュラム・ポリシーに基づき、以下の方針でカリキュラムを編成します。

                  各コース共通
                  1.教員免許状の取得を目的とし、子ども・青年たちの成長・発達を支援する専門職として求められる資質・能力を修得できる体系的なカリキュラムを設定します。
                  2.理論と実践を往還させ、実践的指導力の基礎を身につけるために、教育実習をはじめとする複数の学校現場での実習や体験を提供すると同時に、それを振り返る機会を設定します。

                  初年次教育
                  1.教育活動を行う知識・技能を身につける基盤として、全学が提供する教養科目をはじめ、外国語・スポーツ・コンピュータリテラシーなどの科目を設定します。
                  2.教育についての諸問題に対する関心を喚起し、学術的教養と教育実践の基盤となる専門的知識を獲得するために、必修となる導入科目及び専門科目を設定します。

                  専門教育
                  1.教育に関わる専門職として必要となる専門的知識を獲得するために、各コース・プログラム・専攻の学問領域に基づいた体系的・系統的な専門科目を設定します。
                  2.各専門科目においては、教育実践を意識した内容を編成します。
                  3.生涯学び続けるための基盤、そして自主的な社会参加を促すために、学生が主体的に問題を発見し、その解決を探究する学習機会を卒業業績や専門科目の中で提供します。

                  学修成果の確認
                  1.上記の学修成果の達成を確認するために、卒業業績を課します。
                  2.子ども・青年の成長と発達を支援する専門職として基本的人権を擁護する立場から教育活動が展開できるかを確認するために、教職実践演習を設定します。

                   なお、以上の成果は、シラバス等に明記された到達目標に応じて、試験、レポート、審査、口頭試問、研究発表などを通じて評価します。

                  続きを読む… 折り畳む

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   和歌山大学ディプロマ・ポリシーに基づき、教育学部では、以下の能力を修得した学生に卒業を認定し、学士(教育学)を授与します。

                  各コース共通
                  1.子ども・青年たちの成長・発達を支援する専門職として、生涯にわたって学び続ける基盤を備えている。
                  2.学校教育において反省的・創造的な教育活動を行うための基盤となる学術的教養と教育実践に関わる専門的知識を身につけている。
                  3.教育にかかわる専門職として、基本的人権を擁護する立場から教育実践ができる。

                  初等教育コース
                  1.一人ひとりの発達と特性を理解し、必要な支援を行うことができる。
                  2.学びの基礎を身につけさせ、人と関わりながら意欲的に学べる教育活動が展開できる。

                  中等教育コース
                  1.青年期の発達段階を理解し、個性やニーズに応じた支援を行うことができる。
                  2.子どもたち自身の興味・関心を追究させ、自律的に学び、社会に働きかける教育活動が展開できる。

                  特別支援教育コース
                  1.特別な教育ニーズを有する子どもの心理や発達の特性を理解し、個々のニーズに応じた支援を行うことができる。
                  2.障害のある子どもの自立・自律や社会参加に向けた教育活動が展開できる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足

                  欠員のある場合に限り、選考のうえこれを許可

                  専攻分野

                  その他専攻分野