ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(医学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  医学 6年 学士(医学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   信州大学が定めたディプロマポリシーおよびカリキュラムポリシーを受け、医学部医学科のディプロマポリシーに掲げた「意欲・態度」「思考・判断」「コミュニケーション」「技能・知識」の各項目を備えた医療人、医学研究者を育成するため、以下のような考え方に基づきカリキュラムを作成します。

                  温かい人間性や高い倫理観を裏付ける幅広い教養を身につけるために、専門教育と並行して教養教育及び医療倫理教育を実施し、まずは社会人として、その後医師としての高い見識と誠実な態度の醸成を図ります。また、疾病の正確な診断と適切な治療を遂行するための幅広い知識と高度な技法を修得するために、低学年から専門基礎科目と専門科目を積み上げていきます。基礎医学講義・実習と並行して、グループディスカッションにより臨床症例問題の解決を図る少人数教育を行うことで、基礎医学的知識の統合的理解および基礎医学的知識と臨床医学的知識の融合を図ります。加えて、課題解決型の実習により、常に最新の情報を収集する技能の向上と様々な情報を総合的に判断する能力の向上を図ります。臨床医学講義・実習では、臓器別に講義・演習・実習を集約し、関連する基礎医学知識の確認や、臨床医学の基本的知識の習得を図ります。症例検討型の授業を取り入れることで、基本的知識の深い理解をうながします。

                  患者やその家族との意思疎通やチーム医療を推進する能力を身に付けるべく、低学年時から他学科と合同して行う講義や実際の患者と触れ合う機会を取り入れます。

                   臨床実習では、それまでに身に付けた知識や態度、技術を繰り返し確認することで、医師として求められるレベルにまで引き上げていきます。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  信州大学医学部医学科の理念と目標に則り、以下の知識と能力を十分培った学生に「学士(医学)」の学位を授与する。
                  「意欲・態度」
                  ・温かい人間性や高い倫理観を裏付ける幅広い教養を身につけ、社会の健全な発展のために行動できる。
                  ・医師としての高い見識と誠実な態度を身につけ、病める人を救う強い情熱を持っている。
                  「思考・判断」
                  ・患者の身体的・心理的・社会的状態を科学的に評価し、さまざまな情報を総合して、適確に判断し、必要な行動ができる。
                  「コミュニケーション」
                  ・患者やその家族と十分な意思の疎通ができ、医療のみならず保健や福祉の関係者と良好な関係を築くことで、チーム医療を推進する能力を持っている。
                  「技能・知識」
                  ・疾病の正確な診断と適切な治療を遂行するための幅広い知識と高度な技法を修得している。
                  ・常に最新の医療情報を収集するとともに、生涯自らの学習課題を開拓し探求することができる。

                  続きを読む… 折り畳む

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部可0円

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  その他専攻分野