ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  保健学研究科(博士前期課程)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学専攻 2年 修士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  1)本研究科では,医療・保健・福祉施設や教育研究機関等において職務を継続しつつ,大学院教育を受けることができるように,社会人の受け入れ体制を整備しています。例として,社会人特別選抜の実施,昼夜開講制と集中講義の設定,長期履修学生制度の導入などにより,大学院入学機会の拡大を図っています。
                  2)本研究科では,博士前期課程,博士後期課程とも,最初に専攻共通科目を履修することにより,保健学専攻の共通基盤を修得し,次いで,各分野にある程度特化した研究支持的な科目を履修することにより各専門科目の基礎及び総合的な知識を修得した後,専門科目を深く学び,リサーチワークに結びつけるという体系的な教育課程の編成を行っています。
                  3)看護学分野においては,専門看護師教育課程を設置し,専門看護師の養成を行うことにより,高度に発達し,専門分化が進んだ医療の分野において,人々の健康支援と疾病の予防に貢献しています。
                  4)放射線技術学分野においては、「医学物理士養成コース」を博士前期課程に、「医学物理コース」を博士後期課程に、それぞれ開設し、“放射線治療に関わる医学物理の専門家”である「医学物理士」の養成も進めています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  保健学研究科では、看護学、放射線技術科学及び検査技術科学の各分野がそれぞれ の立場から、個人並びに集団における健康支援と疾病の予防を積極的に推進し、健康 寿命の延伸と生命・生活の質の向上をはかることを通して、学際的科学である保健学 の発展に貢献できる以下の能力を修得することを修了認定の基準とします。
                  1.実践医療現場において中心的な役割を果たし、疾病予防、診断及び治療に貢献で きる能力。
                  2.新しい知識や技術を習得し、創造的な研究を行うことにより、実践の場を活性化 し、指導的な役割を担えることができる能力。
                  3.学問体系の確立と実践に基づく研究分野の開拓を目指し、教育研究者への道を歩 みうる能力。

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  転学部不可
                  編入学不可

                  転学部・編入学情報補足


                  専攻分野

                  専攻分野
                  看護
                  医療・保健・衛生
                  診療放射線・放射線技術

                  その他専攻分野