ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  医学部(保健学科)

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育課程

                  学科・専攻等の名称

                  学科・専攻名修業年限取得可能な学位
                  保健学科 4年 学士(看護学)、学士(保健学)

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                  <教育課程の特徴>
                  保健学科の特徴としては,看護学,放射線技術科学,検査技術科学の3専攻を置き,保健医療を中心に自己開発を目指す優れた臨床医療技術者の育成を教育目標とし,かつ生涯にわたり保健学を探究し,国内外の保健・医療に寄与する独自性の高い研究・開発ができる能力を育成する教育を行っている。3専攻で構成されている強みを生かして,教員の研究活動,成果を生かした多彩な教育内容を展開し,専門的でかつ総合的な保健学教育を充実させている。現場での実践力と将来,保健医療チームのリーダーとなる質の高い人材育成をめざし,同じキャンパスで医学科,歯学部の学生とともに,さらに海外の学生との交流を通し,医歯学総合病院や海外協定大学などの協力を得た包括的教育体制のもと学びあっている。

                  <教育課程の編成方針>
                  保健学科では,3専攻それぞれが必修・選択科目を設定し,学生が主体的に幅広く学ぶ機会を設けている。専門基礎科目は4分野(生命科学分野,健康科学分野,医療社会分野,国際医療分野)からなり,専門科目と有機的に関連する。たとえば生命科学分野は専門科目の疾病・治療学・診断学への,健康科学分野は看護援助論・放射線治療技術学・健康管理論への導入としている。また,小グループ学習やチーム基礎型学習などの授業形態を組合せ,洞察力,分析力,コミュニケーション能力,アイデア力の育成を図っている。これらの学習に必要な技術(発想法,文献検索法,発表法等)を学習させている。

                  教育課程の特色(履修モデル、カリキュラムマップ等)

                  ・各教員の専門分野を生かした最新の知識を教授する講義と,高度な実践能力を養うための実習教育が充実しています。
                  ・隣接する医学科や医歯学総合病院と連係して,医学と医療技術が有機的に結びついた教育を行っています。
                  ・本学大学院保健学研究科に進学し,更に専門を極めることを希望する者にも対応した,基礎と基本を重視した専門教育を行っています。

                  授業科目

                  授業の方法・内容

                  年間の授業計画

                  シラバス等

                  学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                  豊かな感性と人間愛に満ちた人道的な人格を有し,人の心を理解し,かつ専門的知識と技術を兼ね備え,全人的医療及びチーム医療の実践が可能な以下のような人材の育成を図り,国民的,国際的貢献はもとより地域医療・地域医療教育に貢献ができ,その職業を生涯にわたり誇りとする教育を行うことと,その基本となる研究を行うことを理念とする。
                  1.全人的医療を実践できる人材
                  2.人間性豊かで人道的倫理観を身につけた人材
                  3.医療技術分野における教育・研究の充実に寄与できる人材
                  4.臨床医療分野でコ・メディカルスタッフとして指導的役割を果たせる人材
                  5.国際社会の医療分野で活躍できる人材
                  6.地域医療の必要性を認識し,その向上に貢献できる人材

                  学修の成果に係る評価の基準

                  卒業・修了認定の基準

                  転学部・編入学等の可否、費用負担

                  編入学可312,000円

                  転学部・編入学情報補足


                  検定料30,000円
                  入学料282,000円

                  専攻分野

                  その他専攻分野