ここから検索条件フォームです
検索フォームを表示する

設置形態

課程区分

学校名

学部・研究科名(短期大学の学科名)

学科・専攻名

キャンパスの所在地

                  学位に付記する専攻分野の名称

                  実施している入試方法(複数選択可)

                  看護学研究科(博士課程(前期))

                   
                  ここから学部・研究科等のメニューです ここから大学のメニューです
                  お気に入りリスト一覧へ
                  ここから学部・研究科等の情報です

                  教育研究上の目的と3つの方針

                  学部・研究科等ごとの目的

                  (1)看護学の学問体系の構築に貢献する看護学教育者・研究者の育成
                   看護実践を支える看護学体系について総合的視野をもって追及し、時代と地域の要請に応えて看護学分野における学術上の先端的役割を担うとともに、知識の体系化と看護技術・援助方法の開発を積極的に推進し、看護学の学問体系の構築に貢献する教育・研究者を育成する。
                  (2)高度な専門的知識・技術・実践能力を備えた看護実践者の育成
                   看護の特定な専門分野において、ケアとキュアを融合した高度な看護実践能力を有することを認定される専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)を養成する。がん看護、老年看護分野に養成教育課程を設置している。
                  (3)保健医療福祉専門職との連携において、看護の立場から専門性を発揮し、かつ全体をマネジメントできる看護人材の育成
                   保健・医療・福祉の総合的視野を涵養し、関連分野の多職種連携において看護の立場から専門性を発揮するとともに、全体を調整・管理できる看護人材を育成する。
                  (4)地域のケアシステム構築と発展に貢献する看護人材の育成
                   保健・医療・福祉分野の多職種、地域の関係者、市民と協力して、解決すべき地域のヘルスケアの課題に取組み、地域のケアシステム構築と発展に貢献する看護人材を育成する。
                  (5)変革者として行動を起こせる看護人材の育成
                   各専門分野において、質の高い看護ケアを提供する改革に積極的にチャレンジし、社会の健康問題に関する対応策に積極的に関与し、教育や政策の場でも変革者として行動を起こせる人材を育成する。

                  入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

                  新潟県立看護大学大学院では、次のような人材を求めています。

                  ①地域社会で保健・医療・福祉の向上における貢献を目指す人
                  ②看護の専門性に基づいた高度な知識と卓越した看護実践能力を修得しようとする人
                  ③看護実践から生じた課題を深く探求する明確な意志がある人
                  ④教育・研究・看護実践活動にリーダーとして貢献する意志がある人

                   上記を志望し、看護分野において高度な研究能力および専門的な実践能力を修得するのに必要な学力、意欲、適性をもった人材を求めます。

                  教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

                   本大学院では、学際的で深い科学的知識と高い研究能力を有し、看護学の研究や教育、実践に携わることのできる研究者・教育者、高度実践看護師を育成するために、研究コースと専門看護師コース(CNSコース)を設け、授業科目は、基盤看護分野科目、共通基盤分野科目、専門分野科目によって構成しています。

                  学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

                   本大学院に2年以上在学し、履修規定に基づく修了所要単位数以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格した学生に対し、修了を認定し、修士(看護学)の学位を授与します。